スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する」TVアニメ化 原作者監修でストーリーを再構成

ニュース 2021年2月16日(火)20:00

「世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する」TVアニメ化 原作者監修でストーリーを再構成

(C)2021 月夜涙・れい亜/KADOKAWA/暗殺貴族製作委員会

イメージを拡大

月夜涙氏のファンタジー小説「世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する」のテレビアニメ化され、7月から放送を開始することが決まった。赤羽根健治らメインキャストと、メインスタッフの顔ぶれも発表されている。

小説投稿サイト「小説家になろう」発の原作は、現代最高とされる暗殺者が、暗殺を生業とする貴族の長男として異世界に転生し、現代で培った知識や経験と一族の秘術や魔法を駆使し、人類に厄災をもたらすとされる“勇者”を殺すべく暗躍する姿を描く。

今回のアニメ化では、原作のストーリーをそのまま再現するのではなく、原作者の月夜氏いわく「より作品を深掘りして肉付けし、再構成するという手法をとっている」とのこと。月夜氏自らがシナリオプロットに携わり監修を行い、アニメオリジナル要素もふんだんに盛り込まれる。これにより原作とは異なる展開の作品となるが、月夜氏は「間違いなくこれは暗殺貴族であると保証します」と太鼓判を押す。

キャスト陣も、月夜氏の「実力のある方をお願いしたい」という要望をとりいれて選出された。主人公のルーグ役を赤羽根、ディア役を上田麗奈、タルト役を高田憂希、マーハ役を下地紫野が務める。4人は、3月6~31日に開催される「KADOKAWA ライトノベルEXPO 2020」の生配信ステージにも登壇。生配信は、6日もしくは7日に行われる予定だ。

スタッフは、監督に「賢者の孫」の田村正文を迎え、シリーズ構成・脚本を「アンジュ・ヴィエルジュ」ほかで田村監督とタッグを組んだ高山カツヒコ、キャラクターデザインを「あんさんぶるスターズ!」の長田絵里が務める。アニメーション制作は、「賢者の孫」「魔王学院の不適合者」などで田村監督とも縁の深いSILVER LINK.と、「少年アシベGO!GO!ゴマちゃん」のstudioぱれっとが行う。アニメ版公式サイトでは月夜氏に加え、キャラクター原案(原作イラスト)のれい亜氏、コミカライズを担当する皇ハマオ氏からのコメントも公開されている。

イベント情報・チケット情報

KADOKAWAライトノベルEXPO2020 Check-in1
開催日
2021年3月6日(土)
場所
オンライン(メイン会場)&ダ・ヴィンチストア(ところざわサクラタウン)(サブ会場)

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。