スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 異形と少女の物語「とつくにの少女」WIT STUDIOが長編アニメ化 福山潤、高橋李依が出演

ニュース 2021年3月5日(金)12:00

異形と少女の物語「とつくにの少女」WIT STUDIOが長編アニメ化 福山潤、高橋李依が出演

せんせとシーヴァを描いたキービジュアル

せんせとシーヴァを描いたキービジュアル

(C) 2022 ながべ/マッグガーデン・とつくにの少女製作委員会

イメージを拡大

ダークファンタジー漫画「とつくにの少女」をWIT STUDIOが長編アニメ化し、2022年にOADとして発売されることが決定した。キービジュアルとティザーPVも披露され、せんせ役を福山潤、シーヴァ役を高橋李依が担当する。

ながべ氏による原作漫画は、3月5日発売の「月刊コミックガーデン」4月号(マッグガーデン刊)で最終回をむかえた異形の者と少女のおとぎ話。呪いをもたらす異形がすむ地を“外(と)つ国”と呼び、人がすむ“内つ国”と分断された世界で、捨て子の少女シーヴァは、自分を助けてくれた異形の者を「せんせ」と慕い、行動をともにする。今回の長編アニメは、22年3月10日発売の原作コミックス番外編の特装版(OAD)に収録される。

せんせ役を演じる福山は、「絵本の様な印象から物語の深淵へ一気に引き込まれてしまい、自分が演じる云々は忘れて没頭してしまいました」と原作の感想を興奮ぎみに語り、原作を読んだからこそ「『せんせ』の難しさを今、演じる前から噛みしめ、皆様に映像化された『とつくにの少女』をより楽しんでいただくくために、全力で演じ、取り組む所存です」と意気込んでいる。シーヴァ役の高橋は、「くるくるふわふわ動き回り、時に繊細な表情を見せるシーヴァちゃん。原作の空気感を大切に、声を添えるようなかたちで彩っていけたら」と述べながら、福山との共演について、「どんな会話や雰囲気が生まれるのか未知数でもあり、ワクワクドキドキしています!」と期待をふくらませている。

19年に同作の短編アニメを手がけた久保雄太郎と米谷聡美が監督・脚本・キャラクターデザインを共同で務め、美術監督を「魔法使いの嫁」「Great Pretender」の竹田悠介(Bamboo)が担当する。

Kickstarterで、WIT STUDIO主催によるクラウドファンディングの開催も決定した。目標金額は300万円で、集められた資金は本編制作のさらなるクオリティアップとプロモーション展開拡大に用いられる。期間は、3月10日午後8時から5月9日まで。くわしくは、プロジェクトページ(https://www.kickstarter.com/projects/witstudio/totsukuni)を参照のこと。

作品情報

とつくにの少女

とつくにの少女 Check-in0

昔々、遠く遥けき地に二つの国ありて──。 世界は「内」と「外」に分断、呪いをもたらす異形が棲まう地は“外つ国”と呼ばれ、人々から恐れられていた。 ある日、人住まう地“内つ国”との国境で一体の異形...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • せんせとシーヴァを描いたキービジュアル

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。