スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 細田守監督最新作「竜とそばかすの姫」に森川智之、津田健次郎、小山茉美、宮野真守が出演

ニュース 2021年5月14日(金)10:00

細田守監督最新作「竜とそばかすの姫」に森川智之、津田健次郎、小山茉美、宮野真守が出演

宮野真守は「バケモノの子」以来、細田作品2度目の出演

宮野真守は「バケモノの子」以来、細田作品2度目の出演

(C)2021 スタジオ地図

イメージを拡大

細田守監督の最新作「竜とそばかすの姫」に、森川智之、津田健次郎、小山茉美、宮野真守が出演することが分かった。

同作は、高知の田舎町で父と暮らす17歳の女子高生・すずが主人公。幼い頃に母を亡くし、父との関係にも溝が埋まれていた彼女は、全世界で50億人以上が集うインターネット空間の仮想世界“U”と出会い、“ベル”というアバターで心に秘めた歌を歌うことで世界の人気者になっていく。そんななか、ベルの前に“U”で忌み嫌われる竜の姿をした謎の存在が現れる。すずの同級生役として、俳優の成田凌、染谷将太、玉城ティナ、音楽ユニット「YOASOBI」のikuraとしても知られる幾田りらの出演が発表ずみ。

森川智之が演じるジャスティン

森川智之が演じるジャスティン

(C)2021 スタジオ地図

イメージを拡大

森川は“U”のなかで正義と秩序を守る自警団のリーダー・ジャスティン役、津田は“U”内で行われる竜の正体探しの候補にあがる現代美術アーティスト・イェリネク役、小山は同じく竜の正体探しで疑惑をかけられる貴婦人・スワン役を担当。宮野は、竜の正体探しを盛りあげるYouTuberの「ひとかわむい太郎」「ぐっとこらえ丸」の2役を演じる。

「竜とそばかすの姫」は、7月に全国の東宝系で公開。森川、宮野のコメント全文は以下のとおり。

【森川智之(ジャスティン役)】
細田守監督の作品に出演できて、とてもうれしく光栄に思っております。
監督とは同い年ということもあり、アニメ業界・声優業界の遍歴も同じ時代を歩いてきているので、とてもフィーリングが合いました。
私が担当したジャスティンという役はストーリーの中でも特に異彩を放つ個性派のキャラクターの一人です。
もちろん、とても注目されている作品でもあるので、否が応でも、演技に力が入りましたが、実際のアフレコは、監督との細かで、率直なディスカッションのもと楽しく収録できたので、完成が楽しみです。
早く多くの皆さんに観ていただきたいです。

【宮野真守(ひとかわむい太郎&ぐっとこらえ丸役)】
今回は、「バケモノの子」に続き、2度目の出演になります。
なにより、お声がけいただいた事が、本当に本当に光栄です。
そして今回は、「バケモノの子」の時の「一郎彦」とは、全然違う印象のキャラクターになります。
「ひとかわむい太郎」と「ぐっとこらえ丸」です(笑)なんと、二役(笑)実際のアフレコでは、細田監督と、丁寧にディスカッションを重ね演じていき、宮野の新境地をかなり開拓してもらいました(笑)。
キャラクターのネーミングから、もう既に楽しい空気が伝わってきますが、どんな役柄になっているのかは、楽しみにしていてください。
細田監督の作品は、深い「愛」と、前を向く「勇気」をもらえる物語。
今作も、みなさまの心に、「温かい感情」が抱かれることでしょう。どうぞ、劇場でご覧ください。

作品情報

竜とそばかすの姫

竜とそばかすの姫 4

高知の自然豊かな村に住む17歳の女子高生・すずは幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずはその死をきっかけに歌うことができなくなっていた。いつの間に...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 宮野真守は「バケモノの子」以来、細田作品2度目の出演
  • 森川智之が演じるジャスティン

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。