スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 人気子役・稲垣来泉が「イメージの詩」を歌う 吉田拓郎が絶賛「聴き入りました」

音楽 2021年5月25日(火)22:00

人気子役・稲垣来泉が「イメージの詩」を歌う 吉田拓郎が絶賛「聴き入りました」

6月11日から公開

6月11日から公開

(C)2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

イメージを拡大

明石家さんまが企画・プロデュースする劇場アニメ映画「漁港の肉子ちゃん」の主題歌「イメージの詩」の映画版ミュージックビデオが、公式YouTubeで披露された。10歳の人気子役・稲垣来泉が、吉田拓郎の名曲を力強く歌い上げている。

本作は、西加奈子氏のベストセラー小説を原作に、ワケあり母娘・肉子ちゃんとキクコの秘密がつなぐ奇跡を描く感動のハートフルコメディ。「鉄コン筋クリート」「海獣の子供」「映画 えんとつ町のプペル」などのSTUDIO4℃がアニメーション制作を手掛け、監督は、「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」「海獣の子供」の渡辺歩が務める。

映画版ミュージックビデオは、若き日の肉子ちゃん(声:大竹しのぶ)と、肉子ちゃんが男に騙されている様子を見て心配する当時の親友・みう(吉岡里帆)の会話からスタートする。月日は流れて、各地を転々としながら漁港町にたどり着き、船の上で暮らすようになった肉子ちゃんと娘・キクコ(Cocomi)は、みうとの思い出のハチミツがとろけるフレンチトーストを頬張りながら、日々の小さな幸せとともに過ごしていた。

一方で、年頃のキクコからは何かに悩むような曇った表情も見受けられる。2人の間にどんな秘密が隠されているのか、物語の行方も気になるミュージックビデオに仕上がっている。

主題歌「イメージの詩」は、吉田拓郎のデビュー曲で、さんまが「人生の教科書」と言い切る楽曲。劇中で描かれる母娘の物語にもマッチした同曲を、新たな世代にも伝えたいというさんまの提案から、サウンドプロデュース・GReeeeN、編曲・武部聡志でアレンジを加え、稲垣が歌唱している。

オリジナル楽曲を手掛けた吉田は「心の底から『素晴らしい』。今回の『時を超えた奇跡的なレコーディング』に震えました。頬をつたわる涙を僕は『ぬぐう事すら忘れて聴き入りました』。10歳の少女が力いっぱいに(時にはシャウトしながら)歌い切った『新イメージの詩』は決してカバーなどと言うレベルのものではありません。まさに2021年に『叩きつけられた新しいメッセージ』ではないでしょうか」とコメントを寄せている。

「漁港の肉子ちゃん」は6月11日から全国公開。

作品情報

漁港の肉子ちゃん

漁港の肉子ちゃん Check-in0

食いしん坊で能天気な肉子ちゃんは、情に厚くて惚れっぽいから、すぐ男にだまされる。一方、クールでしっかり者、11歳のキクコは、そんな母・肉子ちゃんが最近ちょっと恥ずかしい。そんな共通点なし、漁港の...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。