スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 片渕須直監督が絶賛 難民となった画家の激動の人生を描くカンヌ選出作「ジュゼップ 戦場の画家」8月13日公開

ニュース 2021年6月5日(土)22:00

片渕須直監督が絶賛 難民となった画家の激動の人生を描くカンヌ選出作「ジュゼップ 戦場の画家」8月13日公開

避難先のフランスの強制収容所で難民となった、実在の画家ジュゼップ・バルトリ

避難先のフランスの強制収容所で難民となった、実在の画家ジュゼップ・バルトリ

(C)Les Films d'Ici Mediterranee - France 3 Cinema - Imagic Telecom - Les Films du Poisson Rouge - Lunanime - Promenons nous-dans les bois - Tchack - Les Fees Speciales - In Efecto - Le Memorial du Camp de Rivesaltes - Les Films d'Ici - Upside Films 2020

イメージを拡大

「この世界の片隅に」の片渕須直監督が絶賛した、第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション作品「ジュゼップ」(原題)が、「ジュゼップ 戦場の画家」の邦題で、8月13日に公開されることが決定。1939年にスペイン内戦から逃れ、避難先のフランスの強制収容所で難民となった実在の画家ジュゼップ・バルトリが、激動の時代を生き抜くさまを描いた。

39年2月、スペイン内戦の戦火を逃れた大勢の難民が、南フランスに押し寄せる。フランス政府によって強制収容所に入れられた難民たちは、劣悪な環境で飢えや病気に苦しみ、監視役のフランス人憲兵たちから虐待され、人間の尊厳を踏みにじられていた。そのなかに、粗末な小屋の壁や地面に黙々と絵を描くジュゼップという画家がいた。新米の憲兵セルジュは先輩憲兵たちの目を盗み、彼に紙と鉛筆を与え、ふたりの間にはいつしか有刺鉄線を越えた友情が芽生える。セルジュはジュゼップがスペイン脱出の際に離ればなれになった婚約者がいたことを知り、再会を夢見る切なる思いに触れ、ともに彼女を探そうとする。

(C)Les Films d'Ici Mediterranee - France 3 Cinema - Imagic Telecom - Les Films du Poisson Rouge - Lunanime - Promenons nous-dans les bois - Tchack - Les Fees Speciales - In Efecto - Le Memorial du Camp de Rivesaltes - Les Films d'Ici - Upside Films 2020

イメージを拡大

本作は、フランス版アカデミー賞として知られる2021年のセザール賞で長編アニメーション賞を獲得。また第8回東京アニメアワードフェスティバルで長編コンペティション部門のグランプリと東京都知事賞をダブル受賞した。審査員を務めた片渕監督は「時の流れの向こうに残してきた人々。時はどこから来てどこへ流れてゆくのか。それは何かを浄化してくれるのか。それとも、苦しみを苦しさとして残したまま漂うのか。ジュゼップならどう答えてくれるだろう?」とコメントを寄せている。また米批評家サイト「Rotten Tomatoes」では、満足度100%(5月31日時点)という驚異のスコアを記録している。

(C)Les Films d'Ici Mediterranee - France 3 Cinema - Imagic Telecom - Les Films du Poisson Rouge - Lunanime - Promenons nous-dans les bois - Tchack - Les Fees Speciales - In Efecto - Le Memorial du Camp de Rivesaltes - Les Films d'Ici - Upside Films 2020

イメージを拡大

あわせてお披露目された場面写真には、強制収容所でペンを握り続け、スケッチをするジュゼップを活写。さらにジュゼップがフランスからメキシコへの亡命後に出会う女性画家フリーダ・カーロ、孫ヴァランタンと話す老いたセルジュ、いくつになっても筆をとるジュゼップなど、激動の時代を乗り越えた画家の人生が鮮やかに切り取られている。さらに、ジュゼップの力強いスケッチが、アニメと融合している圧巻のシーンも確認できる。

(C)Les Films d'Ici Mediterranee - France 3 Cinema - Imagic Telecom - Les Films du Poisson Rouge - Lunanime - Promenons nous-dans les bois - Tchack - Les Fees Speciales - In Efecto - Le Memorial du Camp de Rivesaltes - Les Films d'Ici - Upside Films 2020

イメージを拡大

メガホンをとるのは、フランスの全国紙「ル・モンド」などのイラストレーターとして活躍してきたオーレル。ジュゼップが収容所で記した鮮烈なスケッチに触発され、10年の歳月を費やして本作を完成させ、長編アニメ監督デビューを飾った。「マルセイユの恋」「キリマンジャロの雪」で知られるジャン=ルイ・ミレシが脚本を担い、「戦場でワルツを」のセルジュ・ラルーが製作を務めた。

「ジュゼップ 戦場の画家」は、8月13日に新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

映画のことなら映画.com

フォトギャラリー

  • 避難先のフランスの強制収容所で難民となった、実在の画家ジュゼップ・バルトリ

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。