スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 陶芸アニメ「やくならマグカップも」に梅原裕一郎、諏訪彩花、鈴木勝美の出演が決定

ニュース 2021年6月7日(月)18:00

陶芸アニメ「やくならマグカップも」に梅原裕一郎、諏訪彩花、鈴木勝美の出演が決定

(C)プラネット・日本アニメーション/やくならマグカップも製作委員会

イメージを拡大

放送中のテレビアニメ「やくならマグカップも」に、梅原裕一郎、諏訪彩花、鈴木勝美の出演が決定した。

同作は、岐阜県・多治見市内の有志や企業による地域振興プロジェクトの一環として、発行しているフリーコミックを原作に、豊川姫乃(CV:田中美海)ら4人の女子高生たちが、地元の伝統工芸“美濃焼”の魅力に触れる青春ストーリー。アニメ版は前半15分がアニメパート、後半15分がメインキャスト陣が多治見市の魅力を紹介する実写パート「やくならマグカップも -やくもの放課後-」となっている。

梅原、諏訪、鈴木の3人が演じるのは第10話アニメパート以降に登場する新キャラクターで、梅原は元陶芸部講師の草野智也役を担当。「中部出身者としては大変なじみのある、『多治見』を舞台にした作品ということで、ご縁を感じました。夢中になれる、没頭できることがあるのはやはりいいものだなと思います。陶芸にまつわる青春ストーリーを楽しんでいただければ幸いです」と呼びかけている。

諏訪は多治見市役所職員の大沢由香里、鈴木は陶芸部部長・青木十子(本泉莉奈)の祖父で、有名な陶芸家でもある青木十兵衛を演じる。諏訪は「まずこのお話の舞台が岐阜県!ということで一気に親近感が湧きました^^私は隣の愛知県出身なので『多治見』や『美濃焼』など、自分にとって身近だったものがテーマなのが嬉しかったです! この作品はとても癒されるし、伝統工芸っていいなぁ、陶芸したいなぁって思いました!」と出演を喜び、鈴木は「全寮制の高校で3年過ごしました。実家の愛知から兄の車で岐阜へ。当時の高速道路は多治見までしか開通しておらず、そこから土岐・瑞浪と向かいました。途中川が白く濁っていた事がとても印象深かったのを覚えています。それが陶土による物と後に知りました。この作品でふと思い出しました」とコメントしている。

また、田中、芹澤、若井、本泉によるユニット「MUG-MO」が歌うアニメパートのオープニング主題歌「扉を開けたら」ソロバージョン第4弾の配信日も決定した。第4弾では、本泉演じる十子が歌唱しており、6月8日午前0時から配信を開始する。

作品情報

やくならマグカップも

やくならマグカップも Check-in20

脱サラした父親とふたり、幼い頃に亡くなった母の故郷、岐阜県多治見市に引っ越してきた豊川姫乃。母の母校に通うことになった姫乃はクラスメイトの久々梨三華に誘われ、一緒にある場所へ向かうことに。向かっ...

2021春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 草野智也
  • 大沢由香里
  • 青木十兵衛

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。