スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「リクはよわくない」森川智之、杉田智和、花江夏樹らがペット愛を熱弁 森久保祥太郎はある事実を告白

ニュース 2021年7月7日(水)19:30

「リクはよわくない」森川智之、杉田智和、花江夏樹らがペット愛を熱弁 森久保祥太郎はある事実を告白

(C)坂上忍/くっきー!/インプレス/MMDGP/リクはよわくない製作委員会

イメージを拡大

タレント・坂上忍の実話をもとに、お笑いコンビ「野性爆弾」のくっきー!がイラストを担当した絵本を劇場アニメ化した「リクはよわくない」のアフレコ報告会が7月5日、都内で行われた。作中で犬の兄弟を演じる森川智之、杉田智和、森久保祥太郎、花江夏樹、浅野真澄と、ナレーション(ぼく)を担当した松本梨香が出席し、ペットへの愛やアフレコの模様について語った。

同作では、5歳の“ぼく”が犬たちとの交流を通して、生命の大切さを学んでいく姿を描く。ある春の日、弱った姿で“ぼく”の家にやってきた子犬のリクは、先に飼われていた4匹の犬の兄弟・ツトム、ヨースケ、マルちゃん、パグゾウと楽しく過ごすうちに元気を取り戻していく。

森川は「僕自身も犬を飼っていて、短命で8歳で亡くなってしまいましたが、その時に命の大切さを感じました。坂上さんの気持ちと自分が重なって、命の大切さを多くの皆さんに伝わればいいな、という思いで参加することになりました」と出演が決まった際の心境を述懐。杉田は「自分以外の生き物、人以外と接することによって学ぶことはとても多いと思います。小さい頃は飼い犬が全く懐かなくて吠えられてばかりで、犬って怖いなと思う時期もありましたが、その犬が弱った時に初めてなでさせてくれて、認めてくれたのかなって思えた瞬間はどうしても忘れられない思い出。共感せずにはいられない」と、犬と過ごした自身の経験を語った。

森久保は、長年ヨークシャーテリアを飼っていることを告白。「ずっと生放送のラジオをやっているなかで犬を飼っていることをカミングアウトしてしまうと毎週犬の話をしてしまうので、ラジオDJの禁じ手として犬の話に頼ってはいけないとルールを作ってしまい、今日まで言い出せずに来てしまった」と、これまで犬を飼っていたことを伏せていた理由を明かした。

一方、愛猫家として知られる花江は「ふとした瞬間にかわいいな、もっと一緒にいたいなって思わされるような行動だったり表情をするので、そういうところが動物と過ごす良さがある。一緒にいなかった時期がないぐらい一緒に過ごしてきたので、この作品を通して命の大切さをより多くの方に伝わるんじゃないかと思いまして、出演できたことをうれしく思います」と、動物とともに暮らす魅力を語った。

アフレコについて、森久保は「先に録り終えた森川さんのお芝居を聞いて、それを指標にして挑んだ」、花江は「パグゾウは、可愛げのある高めのトーンで家で考えてたものをそのまま演じました」とコメント。「兄貴分を森川さん森久保さんが演じて、可愛い弟分の役を花江くんが演じたのでバランスが取れてすごくやりやすかったです」と振り返る杉田は、次男にあたるヨウスケ役を「部活の後輩風」に演じたと説明し、その場で実践するも、登壇者全員から「ぜんぜん後輩じゃない」「なめた後輩ですね」と突っ込まれていた。10月全国公開。

作品情報

リクはよわくない

リクはよわくない Check-in0

ある春の日、イタリアン・グレーハウンドの子犬・「リク」が、5才の「ぼく」の家にやってきた。とっても優しくて個性豊かな犬のおにいちゃん「ツトム」「ヨースケ」「マルちゃん」「パグゾウ」に囲まれて、リ...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。