スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「攻殻機動隊 SAC_2045」劇場版、21年公開決定 シーズン1を再構築した総集編

ニュース 2021年7月8日(木)11:00

「攻殻機動隊 SAC_2045」劇場版、21年公開決定 シーズン1を再構築した総集編

イリヤ・クブシノブ描き下ろしの劇場版ティザービジュアル

イリヤ・クブシノブ描き下ろしの劇場版ティザービジュアル

(C) 士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

イメージを拡大

「攻殻機動隊 SAC_2045」の「シーズン1」に新たなシーンを加えて再構築した劇場版が、2021年に公開されることが決定した。

Netflixで2020年4月から「シーズン1」が全世界独占配信中の「攻殻機動隊 SAC_2045」シリーズは、「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズの神山健治、「APPLESEED」シリーズの荒牧伸志のダブル監督によりフォトリアルな3DCGで制作。「シーズン1」では草薙素子率いる公安9課と、未知なる脅威“ポスト・ヒューマン”の戦いが描かれ、続編「シーズン2」の製作が決定している。

神山監督は、「今まで自分の作品の総集編は必ず自分で編集してきたが、今回初めて総集編を別のクリエーターに委ねてみた」と劇場版の編集は別スタッフであることを明かし、その理由を「他者の視点からSAC_2045がどう見えているのか知りたかったから」と語っている。荒牧監督も、「一体あのストーリーがどういう総集編になるのか? 私も実はまだ知りません(笑)。楽しみにしてください」と期待のコメントを寄せている。

また、「シーズン1」全12話を収録したブルーレイボックスが、11月26日に発売されることも決定した。映像特典として新規メイキング映像やキャスト出演のトーク番組などがおさめられ、価格は3万8500円(税込)。

劇場版に関する両監督のコメント全文は以下のとおり。

【神山健治(共同監督)】
今まで自分の作品の総集編は必ず自分で編集してきたが、今回初めて総集編を別のクリエーターに委ねてみた。他者の視点からSAC_2045がどう見えているのか知りたかったからだ。すでにシーズン1を視聴している人にも、別の解釈が見えてくるかもしれない。公開が待ち遠しい。

【荒牧伸志(共同監督)】
昨年、シーズン1の配信が始まり、現在神山監督とシーズン2を鋭意製作中の荒牧です。このたび、シーズン1を劇場総集編として公開していただける運びとなり、喜んでおります。一体あのストーリーがどういう総集編になるのか? 私も実はまだ知りません(笑)。楽しみにしてください。私も楽しみです!

作品情報

攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争

攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争 1

2045年。全ての国家を震撼させる経済災害「全世界同時デフォルト」の発生と、AIの爆発的な進化により、世界は計画的且つ持続可能な戦争“サスティナブル・ウォー”へと突入した。だが人々が、AIによる...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。