スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 塚原重義監督の初長編アニメ「クラユカバ」に黒沢ともよ&芹澤優 8月13日から池袋で上映

ニュース 2021年7月15日(木)12:00

塚原重義監督の初長編アニメ「クラユカバ」に黒沢ともよ&芹澤優 8月13日から池袋で上映

(C)塚原重義/ツインエンジン

イメージを拡大

クラウドファンディング企画で累計約1570万円を調達した長編アニメ「クラユカバ」の序章の制作が完了し、黒沢ともよと芹澤優の出演が発表された。

同作では、「端ノ向フ」(第66回カンヌ国際映画祭SHORT FILM CORNER出品)や「女生徒」(札幌国際短編映画祭大林宣彦審査員賞)などの短編で知られるアニメーション作家・塚原重義が長編アニメに初挑戦。与太者探偵の荘太郎(CV:神田伯山)が、市中を騒がせる集団失踪事件の謎を追っていくなかで、装甲列車と遭遇するという活劇浪漫が描かれる。

黒沢は装甲列車を率いる“夜さりの客人(マレビト)”であるタンネを演じ、芹澤がサキ役を担当。黒沢は「オーディションに参加した際、この作品に至るまでの塚原さんの作品を拝見し、すっかり虜になりました。本作の音声収録も、とても辛抱強くていねいに向き合ってくださったので、共に頭をこねくり回しながらも、楽しんで携わることができました」と振り返り、芹澤は「サキは作品のなかでも塚原監督らしさがすごく出ているキャラクターなので、私としても初めて演じるような役になりました。とても愛おしい子です」と自身の役どころを紹介した。

また「クラユカバ」の序章と、塚原監督がこれまでに手がけた短編作品を鑑賞できる特別上映会が、8月13~26日にシネ・リーブル池袋で開催されることも決定した。「クラユカバ」序章本編とアフレコドキュメンタリー映像、「クラユカバ」パイロットフィルム(上映会特別ver.)に加え、「ウシガエル」「端ノ向フ」「女生徒」「押絵ト旅スル男」が上映される。

作品情報

クラユカバ 序章

クラユカバ 序章 Check-in0

ウツツに夢見る街角の、 奈落の闇の奥底で…。誘われるは丸提灯、 落ちるカゲこそご用心。今や市井を恐怖に沈める、 奇怪なウワサ・集団失踪。それに挑むは我らが主役、 与太者探偵・荘太郎! そこに現る...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。