スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > メカゴジラ、「ゴジラvsコング」に登場していた 世界累計興収は500億を突破

ニュース 2021年7月17日(土)21:00

メカゴジラ、「ゴジラvsコング」に登場していた 世界累計興収は500億を突破

メカゴジラのビジュアルが初公開!

メカゴジラのビジュアルが初公開!

イメージを拡大

小栗旬のハリウッドデビュー作となった「ゴジラvsコング」(アダム・ウィンガード監督)の世界累計興行収入が500億円を突破したことを、配給の東宝が発表した。また併せて、同シリーズで長年にわたり人気を博してきた“メカゴジラ”が今作に出演していることが明かされ、ビジュアルが初披露された。

イメージを拡大

ハリウッド版「ゴジラ」シリーズの「GODZILLA ゴジラ」(2014)、「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」(19)と、「キングコング:髑髏島の巨神」(17)をクロスオーバーして描く「モンスターバース」シリーズの第4作。ゴジラとキングコングという日米の2大怪獣が激突する今作は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で何度となく公開延期の憂き目に遭ったが、北米では興収1億ドル(約111億円)を突破したほか、全世界で大ヒットを飾っている。

今回ビジュアルが初公開となったメカゴジラは、1974年に初登場して以来、何度となくゴジラの前に立ちはだかってきた。メガホンをとったウィンガード監督は、メカゴジラの存在こそオファーを引き受ける決め手になったと公言するほど、今作でも重要な役回りとして存在感を発揮している。

イメージを拡大

ウィンガード監督は初代メカゴジラの大ファンだそうで、デザインもオリジナルに敬意を払いながら、ゴジラに対抗できる強敵としてロボットというよりも“怪獣”をイメージしてアップデートしたというこだわりのキャラクターだ。強固なメタリックに覆われたボディからビームを繰り出す様子が見て取れるが、誰がどのような目的で開発したのかなど未だ謎に包まれている部分は本編で確認することができる。

映画のことなら映画.com

フォトギャラリー

  • メカゴジラのビジュアルが初公開!

フォトギャラリーへ

タグ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。