スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > loundraw監督の短編劇場アニメ「サマーゴースト」11月12日公開 主演は小林千晃、脚本は安達寛高(乙一)

ニュース 2021年7月15日(木)18:00

loundraw監督の短編劇場アニメ「サマーゴースト」11月12日公開 主演は小林千晃、脚本は安達寛高(乙一)

予告編の一場面

予告編の一場面

(C)サマーゴースト

イメージを拡大

小説「君の膵臓をたべたい」の装画などで知られるイラストレーター・loundrawが映画初監督を務めた短編劇場アニメ「サマーゴースト」が11月12日に公開されることが決定した。あわせて、主演キャスト、スタッフ、予告編が発表された。

10代でイラストレーターとして商業デビューを果たしたloundrawが、26歳の若さで短編アニメ映画の初監督に挑む本作は、忘れられないひと夏の出会いを描く現代青春群像劇。ネットを通じて知り合った高校生の友也、あおい、涼は、都市伝説としてささやかれる若い女性の幽霊“サマーゴースト”に会わなくてならない事情を抱えていた――。生と死が交錯する夏の夜に“それぞれの思いが向かう先”を映し出す。

(C)サマーゴースト

イメージを拡大

男性メインキャラクターのひとり、杉崎友也を演じるのは、「第15回声優アワード」で新人男優賞を受賞した小林千晃。「“アニメっぽくないアニメ作品”というのが映画『サマーゴースト』への最初の率直な印象です。loundraw監督が『きれいな部分だけでなく、今を生きる人のありのままを描きたい』とおっしゃっていたのですが、まさにそうだなと。『サマーゴースト』はいろんな人に色々な感情を沸き立たせる作品だと思いますし、年齢や職業によっても違うイメージ・感想を抱くと思います。今生きていることに対して疑問を感じたり、生きる意味ってなんだろう? と思ったり……そんな方には特に見ていただきたいです」と作品の印象を明かしている。

スタッフは、loundraw監督のほか、小説家・乙一として知られ、映画監督でもある安達寛高が脚本を執筆し、ミュージシャンの小瀬村晶が音楽を手がける。loundrawが設立したFLAT STUDIOがアニメーション制作を担当。このほど公開された予告編は、繊細なタッチで少年少女の姿が描かれている。

作品情報

サマーゴースト

サマーゴースト 0

「サマーゴーストって知ってる?」。ネットを通じて知り合った高校生、友也・あおい・涼。都市伝説として囁かれる“通称:サマーゴースト”は、若い女性の幽霊で、花火をすると姿を現すという。自身が望む人生...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 予告編の一場面

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。