スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「サルでも描けるまんが教室」舞台化 錦織純平が相原役、コウガシノブが竹熊役

イベント 2021年11月5日(金)21:00

「サルでも描けるまんが教室」舞台化 錦織純平が相原役、コウガシノブが竹熊役

漫画業界の裏側を描いた「サルまん」がまさかの舞台化

漫画業界の裏側を描いた「サルまん」がまさかの舞台化

イメージを拡大

漫画業界を描いたマンガ「サルでも描けるまんが教室」が舞台化され、12月15~19日に東京・下北沢小劇場B1で上演される。

竹熊健太郎氏と相原コージ氏による原作は、1989~91年に「ビッグコミックスピリッツ」で連載。マンガで日本を征服する“野望”に燃える若き漫画家志望者として竹熊氏と相原氏が実名で登場し、日本一の少年誌「少年スピリッツ」に「とんち番長」を連載して七転八倒の苦しみを味わう様子を、現実の漫画制作舞台裏を赤裸々に見せながら描いた。2017年に続編「サルまん2.0」が発売されている。

「舞台ハイスクール!奇面組」などを手がけた、劇団「気晴らしBOYZ」主宰の田中大祐が脚本・演出を担当。相原コージ役を「氣志團」の弟分「微熱DANJI」の錦織純平、竹熊健太郎役を映画「電車を止めるな! のろいの6.4km」主演のコウガシノブが演じ、そのほか栗原卓也(とんち番長役)、ドロンズ石本(彦一役)、杏さゆり(吉四六役)、石橋保(白井役)らが出演する。

チケット価格は5000円で、11月6日午前10時から発売される。後日、配信チケット(2000円)も発売予定。くわしくは公式サイト(https://saruman2021.wixsite.com/saruman)を参照のこと。

フォトギャラリー

  • 漫画業界の裏側を描いた「サルまん」がまさかの舞台化

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。