スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 人体実験、研究、拡散… 「バイオハザード」シリーズの原点描く新作、キーワードがちりばめられた予告披露

ニュース 2021年11月14日(日)22:00

人体実験、研究、拡散… 「バイオハザード」シリーズの原点描く新作、キーワードがちりばめられた予告披露

2022年1月28日公開

2022年1月28日公開

イメージを拡大

大ヒットゲームから生まれたサバイバルアクション映画「バイオハザード」シリーズの原点を描く新作「バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」の日本公開日が2022年1月28日に決定。あわせて、日本版ポスターと劇場版予告が披露された。

全世界のシリーズ累計売上本数が1億1700万本を超えるカプコンの人気ゲームから生まれ、ミラ・ジョボビッチ演じる美しきヒロイン・アリスと、人類をアンデッド化した宿敵アンブレラ社との戦いを描いた映画「バイオハザード」シリーズ。2002年に第1作が公開されて以降、16年の最終章「バイオハザード ザ・ファイナル」まで全6作が製作され、全世界累計興行収入は1200億円を突破した。

本作の舞台は、1998年9月30日、アンブレラ社の拠点がある街「ラクーンシティ」。この街の孤児院で育ち、「アンブレラ社の事故で街に異変が起きている」という不可解なメッセージを受け取った主人公クレア・レッドフィールドは、住民たちの変わり果てた姿を目撃し、アンブレラ社が秘密裏に人体実験を行ってきたことを知る。

日本版ポスターには、アンブレラ社のロゴを背景に、クレア(カヤ・スコデラリオ)、クリス(ロビー・アメル)、ジル(ハナ・ジョン=カーメン)、ウェスカー(トム・ホッパー)、レオン(アバン・ジョーギア)の5人が勇ましく佇み、「『絶望は』この街で産声をあげる――」というコピーが添えられている。

劇場版予告のラストには「人体実験」「研究」「拡散」「機密」「漏洩」など、本作の謎を紐解くカギと思われるキーワードが散りばめられ、期待が高まる仕上がりだ。

「バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」は22年1月28日公開。

映画のことなら映画.com

作品情報

BIOHAZARD:Infinite Darkness

BIOHAZARD:Infinite Darkness 6

2006年、アメリカ合衆国の象徴、ホワイトハウスが何者かにハッキングされた。大統領管轄の極秘ファイルに不正アクセスの痕跡が見つかったのだ。捜査のため召集された合衆国エージェントのレオン・S・ケネ...

2021夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。