スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「魔王学院の不適合者」第2期、主人公アノス役が梅原裕一郎に変更

ニュース 2021年12月13日(月)18:00

「魔王学院の不適合者」第2期、主人公アノス役が梅原裕一郎に変更

第2期ティザービジュアル

第2期ティザービジュアル

(C) 2021 秋/KADOKAWA/Demon King Academy

イメージを拡大

テレビアニメ「魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~」第2期にて、主役のアノス・ヴォルディゴード役が鈴木達央から梅原裕一郎に変更されることが公式サイトで発表された。

新たにアノス役を担当する梅原は、「アノスという人物に寄り添い、彼の強さ、そして優しさを全力で表現したいと思います」とコメントしている。コメント全文は公式サイトに掲載されている。

同作は、秋氏による人気ファンタジー小説のアニメ化。魔法が衰退した2000年後に転生した魔王アノスは、魔法学院ではその力が測りきれずに不適合者の烙印をおされながらも魔族のヒエラルキーを駆けあがっていく。2020年にSILVER LINK.制作でテレビアニメ第1期が放送され、第2期は分割2クールで放送されることが決定している。

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。