スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > アニー賞最優秀長編インディ映画賞に「漁港の肉子ちゃん」「映画大好きポンポさん」「竜とそばかすの姫」ノミネート

ニュース 2021年12月23日(木)21:00

アニー賞最優秀長編インディ映画賞に「漁港の肉子ちゃん」「映画大好きポンポさん」「竜とそばかすの姫」ノミネート

「漁港の肉子ちゃん」もノミネート

「漁港の肉子ちゃん」もノミネート

(C)2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

イメージを拡大

アニメ界のアカデミー賞と言われる第49回アニー賞のノミネートが発表され、細田守監督の「竜とそばかすの姫」、直木賞作家西加奈子原作、明石家さんまの企画兼プロデュースの「漁港の肉子ちゃん」、平尾隆之監督の「映画大好きポンポさん」の3作が最優秀長編インディ映画賞にノミネートされた。

最優秀長編インディ映画賞部門では、前述の日本作品に加え、夢枕獏作、谷口ジロー作画による漫画「神々の山嶺」を、「とてもいじわるなキツネと仲間たち」のパトリック・インバート監督が映像化した「The Summit of the Gods(英題)」(Netflix)もノミネート。選出された5作品中、4作品が日本に関連する作品となった。

最優秀長編映画賞部門は、「ミラベルと魔法だらけの家」「あの夏のルカ」「ラーヤと龍の王国」がノミネートされ、ディズニー作品が席巻。同賞の受賞作はアカデミー賞をそのまま制する確率が高いことで知られており、賞レースのゆくえを占う上でも目が離せない。

第49回アニー賞授賞式は、2022年2月26日に米ロサンゼルスのカリフォルニア大学ロサンゼルス校で開催予定。

主なノミネート作品は以下の通り。

▽最優秀長編映画賞
「ミラベルと魔法だらけの家」(ディズニー・アニメーション・スタジオ)
「あの夏のルカ」(Disney+)
「ラーヤと龍の王国」(ディズニー・アニメーション・スタジオ)
「SING シング ネクストステージ」(ユニバーサル・ピクチャーズ)
「ミッチェル家とマシンの反乱」(Netflix)

▽最優秀長編インディ映画賞
「竜とそばかすの姫」(東宝)
「Flee(原題)」(NEON)
「漁港の肉子ちゃん」(アスミック・エース)
「映画大好きポンポさん」(角川ANIMATION)
「The Summit of the Gods(英題)」(Netflix)

映画のことなら映画.com

作品情報

漁港の肉子ちゃん

漁港の肉子ちゃん 0

食いしん坊で能天気な肉子ちゃんは、情に厚くて惚れっぽいから、すぐ男にだまされる。一方、クールでしっかり者、11歳のキクコは、そんな母・肉子ちゃんが最近ちょっと恥ずかしい。そんな共通点なし、漁港の...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。