スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ヴィジュアルプリズン」が4月に舞台化 結希アンジュ役に正木郁、ギルティア・ブリオン役に佐々木喜英

ニュース 2022年1月17日(月)21:00

「ヴィジュアルプリズン」が4月に舞台化 結希アンジュ役に正木郁、ギルティア・ブリオン役に佐々木喜英

(C)演戯「ヴィジュアルプリズン」製作委員会
(C)Noriyasu Agematsu,Afredes/Project VP

イメージを拡大

「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズの原作・楽曲制作で知られる上松範康と、A-1 Pictures、アニプレックスによるオリジナルテレビアニメ「ヴィジュアルプリズン」の舞台化が決定した。「演戯『ヴィジュアルプリズン』 -月世饗宴-(げつよきょうえん)」というタイトルで、4月8~17日に東京・天王洲 銀河劇場で上演される。

同作は、ビジュアル系ミュージックを題材に、永遠の命と美貌を備えた人ならざる「ヴァンパイア」たちが東京・ハラジュクに集い、年に一度の「ヴィジュアルプリズン」でライブバトルを繰り広げる姿を描く。テレビアニメ版は2021年10~12月に放送され、今年6月には千葉翔也、古川慎らメインキャストが出演するスペシャルライブイベントの開催も決定している。

キャスト第1弾も発表されており、「O★Z(オズ)」に所属する主人公・結希アンジュを正木郁、音楽に新風を吹き込んだ伝説のバンド「ECLIPSE」の初代メンバーだったギルティア・ブリオンを佐々木喜英が演じる。

脚本、演出は「魔法使いの約束」の浅井さやかが務め、音楽は上松が所属する音楽クリエイター集団「Elements Garden」が担当する。

チケットは1月20日までオフィシャル最速先行をイープラスで受け付け中。価格は、8日のプレビュー公演がバングルライト付きで1万500円、9日以降の本公演は先行申し込み期間限定でバングルライト付きのS席、キャラクターサイン入りマフラータオル付きのS席がそれぞれ1万2500円、A席が9500円となっている(いずれも税込み)。

作品情報

ヴィジュアルプリズン

ヴィジュアルプリズン 14

周囲に馴染めず、内に強い孤独を抱えた少年・結希アンジュ。天涯孤独の身になったのを機に、故郷を離れて憧れのアーティストが活躍していた街・ハラジュクを訪れたところ、ヴィジュアル系ユニット「ECLIP...

2021秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。