スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「惑星のさみだれ」今夏TVアニメ化決定 原作者の水上悟志がシリーズ構成に参加

ニュース 2022年1月24日(月)15:00

「惑星のさみだれ」今夏TVアニメ化決定 原作者の水上悟志がシリーズ構成に参加

ティザービジュアル

ティザービジュアル

(C) 水上悟志・少年画報社/ある時代の指輪の騎士団

イメージを拡大

水上悟志氏による漫画「惑星(ほし)のさみだれ」のテレビアニメ化が決定し、夏に放送されることが分かった。あわせて主要スタッフも明らかとなった。

同作は、「ヤングキングアワーズ」(少年画報社刊)で2005~10年に連載された作品。突然現れたトカゲに地球の危機を救うため協力を求められた大学生の雨宮夕日は「獣の騎士団」の一員として戦うことことになり、敵に襲われているところを、隣に住む少女・朝日奈さみだれに救われる。彼女こそが騎士として守るべき姫だったが、その正体は地球征服を企む魔王だった。

監督を「このヒーラー、めんどくさい」の中西伸彰が務め、シリーズ構成を原作者の水上氏と百瀬祐一郎が共同で担当する。水上氏のコメント全文は以下のとおり。

■水上悟志(原作)
漫画家生活20周年の折りに、水上の出世作である「惑星のさみだれ」のアニメ化の発表をさせていただけて大変うれしく思っています。完結から12年も経っているので、ファンの方もさぞや驚かれたことでしょう。水上も構成に関わって原作の最後までやりますので、楽しみにお待ちください。スタッフの皆さんも腕のいい方々ががんばってくださっているのできっと良い作品になると思います。さみだれを読んだことがある人も読んだことない人も是非観てください。読んだことない方はついでに原作も買ってくださるとうれしいです。皆様、よろしくお願いします。

作品情報

惑星のさみだれ

惑星のさみだれ 4

ごく普通の平凡大学生だった雨宮夕日は、ある日現れた喋るトカゲに「地球の危機」を救う協力を依頼される。拒否する間もなく獣の騎士団の一員となった夕日は、指輪の力で超能 力・掌握領域が与えられるが、早...

2022夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。