スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 9歳の少年が描いたNFTアートが原案のアニメ化プロジェクト始動 東映アニメが制作

ニュース 2022年2月13日(日)19:00

9歳の少年が描いたNFTアートが原案のアニメ化プロジェクト始動 東映アニメが制作

NFTアート原案のアニメ化プロジェクトが始動

NFTアート原案のアニメ化プロジェクトが始動

(C)Zombie Zoo Keeper (C)東映アニメーション

イメージを拡大

デジタルアート「Zombie Zoo(ゾンビ・ズー)」を原案にしたアニメ化プロジェクトが始動した。東映アニメーションが、同作を生み出した9歳の日本人の少年「Zombie Zoo Keeper」くんと協業し、今春に映像が公開予定。

(C)Zombie Zoo Keeper (C)東映アニメーション

イメージを拡大

同作は、アーティスト草野絵美氏の長男であるZombie Zoo Keeperくんが夏休みの自由研究としてはじめた、iPadで描いたピクセルアート。累計209点の作品がNFT(非代替性トークン)アートとして販売され、全作品が完売している(1月31日時点)。

Zombie Zoo Keeperくんからのコメント全文は以下のとおり。

【Zombie Zoo Keeper】

(C)Zombie Zoo Keeper (C)東映アニメーション

イメージを拡大

ぼくが今考えたゾンビたちを捕まえるアニメを作りたいと毎日ママと話していたので夢がかないました。子どものうちに子どもの時にしかできないものを大人たちと作れるなんてワクワクします。

フォトギャラリー

  • NFTアート原案のアニメ化プロジェクトが始動

フォトギャラリーへ

タグ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。