スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ダンス・ダンス・ダンスール」追加キャストに内山昂輝、本渡楓 本PVも披露

ニュース 2022年3月21日(月)20:00

「ダンス・ダンス・ダンスール」追加キャストに内山昂輝、本渡楓 本PVも披露

主要キャラクター3人を描いたキービジュアル

主要キャラクター3人を描いたキービジュアル

(C) ジョージ朝倉・小学館/ダンス・ダンス・ダンスール製作委員会

イメージを拡大

4月放送のテレビアニメ「ダンス・ダンス・ダンスール」の追加キャストとして内山昂輝本渡楓の出演が決まり、あわせて本PVとキービジュアルが披露された。

同作は、ジョージ朝倉氏が「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載中の男子クラシックバレエ漫画が原作。主人公の村尾潤平(CV:山下大輝)が、転校生の美少女・五代都にバレエへのあこがれを見抜かれ、彼女の従兄弟である森流鶯(もり・るろお)とともに、王子を踊る資格をもつ“ダンスール・ノーブル”を目指す。「ゾンビランドサガ」の境宗久が監督を務め、MAPPAがアニメーション制作を担当する。

内山は流鶯役、本渡は転校生の都役を担当。PVでは主要キャスト3人の声がおさめられ、YUKIによるオープニング主題歌「鳴り響く限り」を聴くことができる。

内山、本渡のコメント全文は以下のとおり。

内山昂輝(森流鶯役)】
・流鶯役が決まった時どう思いましたか
大変魅力的な原作をMAPPAがアニメ化するということで、出演を希望する方はたくさんいらっしゃると思うのですが、自分に決まった以上は、日本中の誰よりも良い仕事をしたいと思いました。

・テレビアニメを楽しみにしているみなさんにメッセージをお願いいたします
どんな作品が出来上がるのか、ぼくも本当に楽しみにしています。
バレエを愛する方にも、まだあまり知らない方にも、いろんな方に観ていただきたいです。

本渡楓(五代都役)】
・都役が決まった時どう思いましたか
受かると思っていなかったので驚きと喜びが混じりつつ、どんな風に向き合っていこうか緊張しました。オーディションでは芝居をしない芝居と自分の癖と向き合うことがあったので、ぬか喜びはできませんでした。ここからだ、と。

・テレビアニメを楽しみにしているみなさんにメッセージをお願いいたします。
今作ではバレエの表現やお芝居の面で、新しいものが見られるんじゃないかと私自身楽しみで仕方ありません。お芝居でいうと「芝居をしない芝居」を追求していく現場でして、そんな表現を通して皆さんの心に響くといいなと思っています! 4月より放送何卒よろしくお願い致します。

作品情報

ダンス・ダンス・ダンスール

ダンス・ダンス・ダンスール 16

主人公・村尾潤平は中学2年生。幼い頃にバレエに魅了されるも、父の死をきっかけに「男らしくならねば」とその道を諦める。バレエへの未練を隠しながら格闘技・ジークンドーを習い、クラスの人気者となった潤...

2022春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 主要キャラクター3人を描いたキービジュアル

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。