スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「スタミュ」制作陣によるオリジナルアニメ「Opus.COLORs」製作決定 幼なじみ3人がアートに青春をかける

ニュース 2022年3月26日(土)17:00

「スタミュ」制作陣によるオリジナルアニメ「Opus.COLORs」製作決定 幼なじみ3人がアートに青春をかける

(C)ひなた凛/Opus.COLORs 製作委員会

イメージを拡大

「スタミュ」を手がけたスタッフが再集結して制作するオリジナルテレビアニメ「Opus.COLORs(オーパス・カラーズ)」の製作が決定し、作品概要やティザービジュアルなどが公開された。2023年放送予定。

同作は、特殊な画材を用いてデジタル空間に作品を描く実作業担当者“アーティスト”と、作品のコンセプトやテーマを決定しアーティストに発注するプロデュース担当者“グレーダー”の2人1組で取り組む“パーセプションアート”に青春をかける少年たちの物語を描く。パーセプションアートの生みの親を両親にもつ月見里和哉は、幼なじみの都築純と、パーセプションアーティストになる夢を抱いて美術分野の名門・永茜高校に入学。ある事件をきっかけに疎遠になってしまった、もうひとりの幼なじみである多岐瀬響との友情を取り戻そうとする。

3人のメインキャラクター設定も公開。両親が亡くなった10年前の事故の後から、作品に込められた作成者の想いや描かれた時の状況を読み取ることができる超感覚に目覚めた和哉、かつてはアーティストを目指していたが事故を契機にグレーダー志望し、和哉たちと距離を置くようになった響、和哉と響の関係を見守りながら再び3人で遊べることを心から願う純、それぞれのプロフィールなどが明らかにされている。

ティザービジュアルでは、色とりどりの花や蝶、宝石などに囲まれた和哉と響が、額縁を挟んで対峙。互いの思いがすれ違う様子が象徴的に描かれている。

メインスタッフは、いずれも「スタミュ」に参加した顔ぶれ。企画・原案をひなた凛、監督を多田俊介、シリーズ構成をハラダサヤカ、キャラクターデザインを渡邊亜彩美が担当し、アニメーション制作はC-Stationが担う。

作品情報

Opus.COLORs

Opus.COLORs 0

――あなたの世界は、何色ですか? 美術界に「パーセプションアート」が生まれておよそ10年。今やすっかり世の中に浸透し、人々の生活を彩っている。パーセプションアートの生みの親にして著名な「アーティ...

2023アニメ 作品情報TOP イベント一覧

タグ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。