スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「神クズ☆アイドル」公式サイトが手書きの“紙くず”仕様に 今井文也、喜多村英梨出演のボイスドラマも公開

ニュース 2022年5月19日(木)18:00

「神クズ☆アイドル」公式サイトが手書きの“紙くず”仕様に 今井文也、喜多村英梨出演のボイスドラマも公開

(C)いそふらぼん肘樹・一迅社/「神クズ☆アイドル」製作委員会

イメージを拡大

今夏放送予定の「神クズ☆アイドル」の公式サイトが、アナログな手作り風の“紙くず”サイトに変更された。

“紙くず”サイトは、本作の主人公・仁淀ユウヤが作ったという設定で、メニュー一覧は手書き、作品ロゴはセロハンテープで切り貼りされており、最新ニュースには「Twitterに載ってるんでそっち見てください」と記載しているなど、仁淀のやる気のなさがにじみ出る仕様。トップページは、ユウヤ役を務める今井文也が作品キービジュアルを真似て描いた直筆イラストが飾る。

サイト上には「これからやること」として今後の情報公開スケジュールも一部掲載されており、5月第4週には新たなプロモーションビデオやキービジュアルが公開される予定となっている。

(C)いそふらぼん肘樹・一迅社/「神クズ☆アイドル」製作委員会

イメージを拡大

(C)いそふらぼん肘樹・一迅社/「神クズ☆アイドル」製作委員会

イメージを拡大

公式Twitter(@kamikuzu_PR)では、“紙くず”サイトの制作に至った経緯が明らかになる、仁淀(CV:今井)と彼が所属する芸能事務所の社長・信濃ヒトミ(喜多村英梨)によるショートボイスドラマも公開中。

原作は、いそふらぼん肘樹氏が「月刊Comic ZERO-SUM」(一迅社刊)で連載中のコメディ漫画。アイドルユニット「ZINGS」のメンバーで、やる気のない“クズアイドル”の仁淀が、かつて“神アイドル”と呼ばれていた最上アサヒ(東山奈央)の幽霊と出会い、自身に憑依させることでアイドル界の頂点を目指していく。

作品情報

神クズ☆アイドル

神クズ☆アイドル 6

顔はいい。しかし、歌わない踊らないファンサしない。まったくやる気のないアイドル“仁淀ユウヤ”。金のために芸能界に足を踏み入れたが、あまりの熱意のなさに、クビを宣告される。そんなある日、出会ったの...

2022夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。