スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 劇場版「モノノ怪」製作決定、23年公開 初の舞台化など15周年プロジェクト発表

ニュース 2022年6月18日(土)20:07

劇場版「モノノ怪」製作決定、23年公開 初の舞台化など15周年プロジェクト発表

(C)ツインエンジン

イメージを拡大

2007年に「ノイタミナ」ほかで放送されたテレビアニメ「モノノ怪」が、完全新作エピソードで「劇場版 モノノ怪」として製作され、23年に公開予定であることが分かった。テレビアニメ「モノノ怪」を手がけた中村健治が監督、ツインエンジンが制作を務め、テレビアニメ版と同様、薬売り役を櫻井孝宏が担当する。

初の舞台化、劇場版の製作応援クラウドファンディングなど新情報を伝える15周年記念プロジェクト解禁PVのなかで、中村監督演出による新規アニメーションと、櫻井による新規ボイスを使用した特報映像が披露されている。6月18日に開催された「アニメ『モノノ怪』十五周年記念祭」内で発表された。

劇場版のティザービジュアル

劇場版のティザービジュアル

(C)ツインエンジン

イメージを拡大

製作応援クラウドファンディングは、6月24日午後8時から日本国内では「うぶごえ」、海外では「Kickstarter」にて行われる予定で、目標金額は1000万円。そのほか、15人のイラストレーターによる描き下ろしビジュアル企画もスタートし、本日6月18日からアニメ公式Twitterで毎夜連続公開される。第1弾として、「モノノ怪」のコミカライズを担当した蜷川ヤエコ氏によるイラストが公開中。

蜷川ヤエコ氏によるビジュアル

蜷川ヤエコ氏によるビジュアル

(C)モノノ怪製作委員会

イメージを拡大

薬売り役の櫻井、山本幸治プロデューサー、中村監督のコメント全文は以下のとおり。

【櫻井孝宏(薬売り役)】
〈劇場版制作に向けての意気込み〉
作品のルーツは2006年にノイタミナでオンエアされた「怪~ayakashi~」の一編でした。
その名も「化猫」。数年を経て「モノノ怪」が始まり、その結びの一編もまた「化猫」でした。
そして2022年。化猫に始まり化猫に終わっていた作品が三度動き出します。心の底から楽しみです。

【山本幸治(プロデューサー)】
〈劇場版制作に向けての意気込み〉
最初の作品である「化猫」を見た時、画面を見ていて酔うような感覚と、自分の現在位置を見失うような不安を覚えました。15年以上前なので当時はまだハイビジョン普及前で、画質も荒く今のような横長の16対9の画面でもない小さな画面でした。この世界観を密度の濃い大きなスクリーンで表現できたらもっとすごいことになるだろうと思いました。
中村健治監督の久しぶりの、そして原点でもある作品です。いくつもの困難を越えてようやく企画が実現しました。お楽しみに。

【中村健治(監督)】
〈劇場版制作に向けての意気込み〉
今、私達は個人の幸せと組織や社会全体の幸せが合致する世の中で生きているのでしょうか。
自分はあることですごく辛いのに、世の中・社会全般ではそれが普通だと判断されていたりすることはないでしょうか?
さらに言えば、歴史上で個人と社会全体の幸せが合致して上手くいっていた世界なんてあったのでしょうか?
その矛盾から生じた捻じれた気持ちと情念を描きながら、産まれてしまったモノノ怪をまるで私達自身を斬るかのように鮮やかに薬売りに斬ってもらいたいと思っています。

イベント情報・チケット情報

フォトギャラリー

  • 劇場版のティザービジュアル
  • 蜷川ヤエコ氏によるビジュアル

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。