スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「モンスターズ・インク」8月5日に金曜ロードショーで放送決定 本編ノーカット

ニュース 2022年7月3日(日)12:00

「モンスターズ・インク」8月5日に金曜ロードショーで放送決定 本編ノーカット

新作映画「バズ・ライトイヤー」(7月1日公開)の公開を記念して放送!

新作映画「バズ・ライトイヤー」(7月1日公開)の公開を記念して放送!

(C)DISNEY/PIXAR

イメージを拡大

ディズニー&ピクサーの人気作「モンスターズ・インク」が、8月5日に、日本テレビ系「金曜ロードショー」で放送されることがわかった。新作映画「バズ・ライトイヤー」(7月1日公開)の公開を記念したものとなり、本編ノーカットでの放送となる。

「モンスターズ・インク」は、2001年に公開されたピクサー・アニメーション・スタジオにとって4作目の長編アニメーション。02年公開となった日本では、興行収入95億円の大ヒットを記録。13年には、シリーズ第2作「モンスターズ・ユニバーシティ」が製作されている。

(C)DISNEY/PIXAR

イメージを拡大

物語の舞台は、子どもたちの悲鳴を集めてエネルギーにする会社「モンスターズインク(通称MI)」。会社のNo.1“怖がらせ屋”のサリーと相棒で大親友のマイクは、夜になると人間の世界で子どもたちを絶叫させていた。しかしある日、サリーは会社でモンスターシティにいるはずのない人間の女の子・ブーを発見。サリーとマイクは、大騒動になる前に、こっそり女の子を人間の世界に戻そうとするが、うまく行かず苦戦する。やがて、サリーの中に胸がキュンとなる不思議な感情が芽生える。

(C)DISNEY/PIXAR

イメージを拡大

監督は、ピート・ドクター(共同監督はリー・アンクリッチ、デビッド・シルバーマン)。本作で初監督を務めた後、「カールじいさんの空飛ぶ家」「インサイド・ヘッド」を手掛け、「メリダとおそろしの森」「トイ・ストーリー4」「2分の1の魔法」「バズ・ライトイヤー」などに製作総指揮として参加している。

日本語吹き替えは、サリーを石塚英彦(ホンジャマカ)、マイクを田中裕二(爆笑問題)、ブーを井上愛理、ランドールを青山穣、ウォーターヌースを大平透、セリアを高乃麗、ロズを磯辺万沙子、イエティを立木文彦が担当している。

「モンスターズ・インク」は、8月5日の午後9~10時54分に本編ノーカット放送。「金曜ロードショー」今後の放送ラインナップは、以下の通り。

◆7月1日午後9時「時をかける少女」(本編ノーカット)
◆7月8日午後9時「竜とそばかすの姫」(本編ノーカット 地上波初放送)
◆7月22日午後9時「ジュラシック・ワールド」(本編ノーカット)
◆7月29日午後9時「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(本編ノーカット)
◆8月5日午後9時「モンスターズ・インク」(本編ノーカット)

映画のことなら映画.com

フォトギャラリー

  • 新作映画「バズ・ライトイヤー」(7月1日公開)の公開を記念して放送!

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。