スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「となりのトトロ」英舞台版のネコバス ジム・ヘンソン工房が制作

ニュース 2022年7月3日(日)13:00

「となりのトトロ」英舞台版のネコバス ジム・ヘンソン工房が制作

トトロやネコバスをジム・ヘンソン・クリーチャー・ショップが担当

トトロやネコバスをジム・ヘンソン・クリーチャー・ショップが担当

(C)1988 Studio Ghibli

イメージを拡大

イギリスの名門ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーが手がける舞台劇版「となりのトトロ」に登場するクリーチャーを、ジム・ヘンソン・クリーチャー・ショップが手がけることになったと、米Deadlineが報じている。

同作は、宮崎駿監督の傑作アニメ「となりのトトロ」を、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーが世界で初めて舞台化する注目作で、演出をフェリム・マクダーモットが手がける。このほど、トトロやネコバスといったクリーチャーを、ジム・ヘンソン・クリーチャー・ショップが担当することが明らかになった。

同社は、テレビの創生期に自作の人形劇を披露して人気を博した操り人形師ジム・ヘンソンが、「ダーククリスタル」制作のために1979年に立ちあげた工房。パペットやアニマトロニクス、VFXなど幅広く手がけることで知られている。

同社のスーパーバイザーを務めるピーター・ブルックは、舞台版「となりのトトロ」を手がけるに際し「私たちは、愛されているキャラクターのビジュアルスタイルと個性を維持することの重要性を十分承知しています」とコメントを発表している。

舞台版「となりのトトロ」は、10月8日に英ロンドンのバービカン劇場で開演する。

映画のことなら映画.com

作品情報

となりのトトロ

となりのトトロ 2

「そりゃスゴイ、お化け屋敷に住むのが父さんの夢だったんだ」と、こんなことを言うお父さんの娘が、小学六年生のサツキと四歳のメイ。このふたりが、大きな袋にどんぐりをいっぱいつめた、たぬきのようでフク...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。