スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > ムロツヨシ、伊藤沙莉とモグラの親子役 「わちゃわちゃし過ぎないかな」と心配も

ニュース 2022年7月9日(土)12:30

ムロツヨシ、伊藤沙莉とモグラの親子役 「わちゃわちゃし過ぎないかな」と心配も

「教師と生徒」「上司と部下」といった関係性での共演経験もあるムロと伊藤

「教師と生徒」「上司と部下」といった関係性での共演経験もあるムロと伊藤

イメージを拡大

シリーズ累計480万部突破の児童書シリーズを劇場アニメ化する「映画ざんねんないきもの事典」の初日舞台挨拶が7月8日、東京・T・ジョイPRINCE品川で行われ、作品ナビゲーターの親子モグラを演じたムロツヨシと伊藤沙莉、主題歌「サイダー」を手がけるシンガーソングライターの秦基博が出席した。

生き物の“意外な一面”を紹介する児童書シリーズ「ざんねんないきもの事典」を映画化。「ざんねんないきもの」が多数生息する南極、オーストラリア、日本(長野県安曇野)の3カ所を舞台に、3つのオリジナルストーリーが描かれる。オーストラリア編に登場するコアラのリロイ役を花江夏樹が務めている。

イメージを拡大

モグラの親子のお父さん・モグモグ役をムロ、しっかりものの娘・グララ役を伊藤がそれぞれ演じる本作。教師と生徒、上司と部下といった関係性で共演経験も多く、ムロは「性格的に似ているところもあり、仲の良さが出て、わちゃわちゃし過ぎないかなと心配もあった」と回想。「おっちゃこちょいな僕を、沙莉さんが……。なんで急に沙莉さんって言ったのかわかりませんけど(笑)、僕を正してくれる役なので大変だったはず」と話していた。

イメージを拡大

一方、伊藤は「ムロさんは休む間もなく、一生面白いので、私も普段のツッコミが『何言ってるんすか~』って強めになってしまう」と関係性を語り、「(グララは)かわいい女の子なので、演じるのが難しかった」とアフレコには苦労も。「タイトルは“ざんねん”ですが、自分で残念だと思っていることも、すてきな個性や魅力なんだと伝えてくれる」と見どころをアピールした。

イメージを拡大

秦は「たくさんの動物たちに個性があって、それに至る以前に、生きていること自体がすごいことだと。その喜びを伝えられたら」と楽曲にこめたメッセージを語り、「サイダーというキーワードは、喫茶店でひらめいた。飲んでいたのはコーヒーでしたが(笑)」と裏話も披露。また、スピンオフとして製作されたショートアニメ「はたペンギン 日本デビュー編」で、ペンギンの声を担当し「ほぼ初めてのアフレコ。パッと現場に行けば終わりますよと言われたが、実際にはめちゃくちゃ難しくて、変な汗をかいた」と明かしていた。

映画のことなら映画.com

作品情報

映画ざんねんないきもの事典

映画ざんねんないきもの事典 1

<南極編「ペンたび」>南極にくらすモテたいアデリーペンギンと仲間のペンギンたちはある日、道に迷ったコウテイペンギンに出会い、家族のところまで送り届けることに。アデリーたちははたして無事に送り届け...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 「教師と生徒」「上司と部下」といった関係性での共演経験もあるムロと伊藤

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。