スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 虚淵玄の空戦小説「アイゼンフリューゲル」劇場アニメ化 総監督は水島精二、キャラ原案は武内崇

ニュース 2022年9月26日(月)18:00

虚淵玄の空戦小説「アイゼンフリューゲル」劇場アニメ化 総監督は水島精二、キャラ原案は武内崇

ティザービジュアル

ティザービジュアル

(C) 虚淵玄/小学館/「アイゼンフリューゲル」製作委員会

イメージを拡大

「魔法少女まどか★マギカ」などで知られる虚淵玄による小説「アイゼンフリューゲル」の劇場アニメ化が決定し、ティザービジュアルとPVが披露された。あわせて、総監督の水島精二らメインスタッフも明らかとなった。

同作は2009年に小学館のライトノベルレーベル「ガガガ文庫」から刊行。空が巨大な翼を備えた龍のものであった時代を舞台に、世界初のジェットエンジン搭載型航空機で、もっとも速い龍を超える速度で飛ぶことに挑戦する男たちの物語が描かれる。

PVの一場面

PVの一場面

イメージを拡大

イメージを拡大

総監督の水島のほか、キャラクター原案を武内崇(TYPE-MOON)、監督を小松田大全、脚本を菅原雪絵、キャラクターデザインを佐々木啓悟、音楽を梶浦由記が担当。A-1 Picturesがアニメーション制作を担う。

原作者の虚淵からのコメント全文は以下のとおり。

【虚淵玄(ニトロプラス)】
昔昔あるところにニトロプラスというエロゲ屋がありました。

そこにひょっこり劇場アニメ企画のオファーが転がり込んできたので、脚本家は異世界で龍とジェット航空機が性能比べをする企画書を出しました。
すると社長は言いました「これ1クールアニメの構成案に組み直して」
慌てた脚本家は内容を盛りました。

しかし企画の進捗は音沙汰がなくなり誰もが忘れてしまいました。

それからしばらくして、ガガガ文庫と縁のできた脚本家は「あっそういえばお蔵入りしてたアレを」と思い立ち、埃を被っていた構成案を上下巻の小説に仕立て直しました。

それからまたしばらくして、アニプレックスが「これ映画化しませんか?」とオファーしてきてくれました。
こうしてアイゼンフリューゲルは20年近い時を経てとうとう本当に劇場アニメになりましたとさ。

めでたしめでたし

作品情報

アイゼンフリューゲル

アイゼンフリューゲル 0

この空の先には――何があるんだろう。まだ大空が巨大な翼を備えた龍のものであった時代。数年前に隣国と交わした熾烈な戦火の記憶も生々しいシルヴァーナ共和国では、龍たちから空の覇権を奪い取ろうと、その...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • ティザービジュアル
  • PVの一場面

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。