スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「マイホームヒーロー」諏訪部順一らの出演で23年4月放送開始 ボイス入りPVなども公開

ニュース 2022年9月30日(金)21:00

「マイホームヒーロー」諏訪部順一らの出演で23年4月放送開始 ボイス入りPVなども公開

(C)山川直輝・朝基まさし・講談社/「マイホームヒーロー」製作委員会

イメージを拡大

マイホームヒーロー」の放送が2023年4月からスタートすることが決定し、諏訪部順一大原さやか大塚明夫らの出演が明らかになった。ティザープロモーションビデオとティザービジュアルも公開されている。

原作は、「ヤングマガジン」(講談社刊)で山川直輝氏(原作)と朝基まさし氏(漫画)が連載中の人気クライムサスペンス漫画。娘を守るため、その交際相手である半グレの男を殺害してしまった47歳の会社員・鳥栖哲雄が、生命と知力をかけて裏社会と渡り合っていく姿を描く。

諏訪部が主人公の哲雄役、大原が妻の鳥栖歌仙役を務め、娘の鳥栖零花を白田千尋が演じる。半グレ組織のメンバーで、鳥栖家を疑い監視を続ける間島恭一役を伊東健人、凄腕の詐欺師で、半グレ組織への大きな影響力をもつ麻取義辰役を三木眞一郎、義辰の息子で、哲雄に殺される零花の半グレ彼氏・麻取延人役を多田啓太、延人の恋人で、組織も把握していないある秘密を知るキャバクラ嬢の響役を大久保瑠美が担当。大塚は、半グレ組織のリーダー格で、元殺し屋の窪を演じる。

(C)山川直輝・朝基まさし・講談社/「マイホームヒーロー」製作委員会

イメージを拡大

「娘よ、君の彼氏を殺しました」という哲雄の独白からスタートするティザーPVには、今回キャスティングが発表された各キャラクターがボイス付きで登場。ティザービジュアルは、愛する家族を守る決意を固めた哲雄の姿を描いたイラストとなっている。

監督には「蒼天の拳 -REGENESIS-」(演出ほか)の亀井隆を迎え、シリーズ構成・脚本を「風が強く吹いている」の喜安浩平、キャラクターデザインを「ハクション大魔王2020」の野口征恒が担当する。アニメーション制作は手塚プロダクションが行う。

以下にキャスト陣、監督からのコメントを掲載する。


諏訪部順一(鳥栖哲雄役)】

イメージを拡大

Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。
平穏な日常のすぐそばに口を開けていた深い闇。非力な中年男が家族を守るためズタボロになりながら奮闘するこのドラマは、スリルとサスペンスがこれでもかと言わんばかりに次々と襲いかかってきます。ジェットコースター的な息詰まる展開から目が離せなくなる、本当にヤバイ作品ですね。

Q2. 演じるキャラクターの印象と、演じるにあたっての意気込みを教えていただけますでしょうか。
哲雄のメンタルをしっかりと表現するため、彼が置かれているシチュエーションのイメージごと、リアルなものとして自身の心に落とし込もうとしたら……正直危なかったです。いろいろとアプローチを工夫しながら、作品の中にフィットできるよう努めたいと思っています。どうぞご期待ください。


大原さやか(鳥栖歌仙役)】

イメージを拡大

Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。
ごく普通のサラリーマンの日常が、想像もしていなかったとんでもない事態に転がり落ちていくそのスリリングさと、凄まじい底力で絶望的な状況を次々と打破していく主人公のメンタルの強さに興奮してしまい、ページをめくる手がとまりませんでした。個人的にわたしもミステリー小説が大好きなので、細かいところまでリアルかつていねいな犯罪隠蔽(いんぺい)の描写や、緻密な下準備による騙し合いなどもたまらないポイントです。とにかくもう、めちゃめちゃ面白いです!!

Q2. 演じるキャラクターの印象と、演じるにあたっての意気込みを教えていただけますでしょうか。
イレギュラーなことばかりが起こるこの世界で、歌仙ほどしっかりした頼りがいのある奥さんはいないのではないでしょうか。彼女のサポート力、直感力、キモの据わり方、家族を守ろうとする覚悟。もし自分だったら……と、それぞれのシーンにあてはめて想像してみたものの、行動も思考も何ひとつ彼女には敵いませんでした(笑)。
なのでオーディション合格の連絡をいただいたときは本当に本当にうれしかったです! この作品世界の中で、歌仙として生きられることがとても誇らしいです。収録がいまから待ち切れません♪


【白田千尋(鳥栖零花役)】

イメージを拡大

Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。
オーディションをいただき、前情報なしで読ませていただいたのですが、一話目から衝撃的すぎて、手に汗握るとはこのこと……! という作品です!
次の展開にハラハラしながら読む手を止められませんでした!
登場人物ひとりひとりに譲れないものがあって、みんなが一番大切なものを守るために闘って。それぞれの想いを想像すると胸がいっぱいになります。

Q2. 演じるキャラクターの印象と、演じるにあたっての意気込みを教えていただけますでしょうか。
零花ちゃんは、自分のなかでこうと決めたらとにかく実行! 猪突猛進で真っ直ぐな女の子! という印象です。そこが危なっかしくて、とてもハラハラしちゃいます。
突っ走る先にある理由が「家族」というところが、たまらなく愛おしいです。
絶対にこの子を演じたい! という気持ちでオーディションに挑み、初めて受かったアニメのキャラクターで、マネージャーさんから合格のお電話をいただいたとき号泣してしまいました。
初めましてが零花ちゃんで心から幸せです。
私の持っている愛情を、余すことなく全て零花ちゃんに注ぎ込んで、この作品の世界を、空気を、私なりの表現でたっぷりとお伝えできるよう心を込めて演じさせていただきます!!


伊東健人(間島恭一役)】

イメージを拡大

Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。
原作もしっかり読んでいて、お話も大好きなのですが、なかなか衝撃的な展開の連続で「え?? これアニメでやれるの??」というのが率直な感想でした。
もしも僕がお父さんと同じ状況に置かれたらどうするか……とつい考えてしまいます。

Q2. 演じるキャラクターの印象と、演じるにあたっての意気込みを教えていただけますでしょうか。
悪役? ライバル役?? 協力者役???
とても微妙な立ち位置にいるキャラクターで、ガラは悪いけれど、彼には彼のポリシーがあって芯がブレない、非常に魅力的なキャラクターだなと思います。
彼の魅力を存分に引き出せるように、精一杯演じたいです。


三木眞一郎(麻取義辰役)】

イメージを拡大

Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。
誰にでも、当たり前のように流れていく時間。
とても穏やかに見えるなかに、優しさ、狂気、愛など、さまざまなモノが高密度でつまっている作品。
かといって、息苦しくなりすぎずに息ができるシーンもある、とてもバランスのとれた、素敵な作品だと思います。

Q2. 演じるキャラクターの印象と、演じるにあたっての意気込みを教えていただけますでしょうか。
キレ者でありながら、人間味を感じさせてくれる人でもあります。
素敵なキャストの皆さまと一緒にアニメーション作品として、原作ファンの方にも楽しんで観ていただけるように、全力でマイク前に立たせていただく所存です。
凄腕の詐欺師であり、息子を溺愛する麻取義辰をアニメーションでもよろしくお願いいたします。


多田啓太(麻取延人役)】

イメージを拡大

Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。
推理小説マニアで平凡なサラリーマンの哲雄が、娘を守る為自身の知識を武器に犯罪組織と渡り合っていく姿には、一読者として毎回応援する気持ちで読んでいました。
フィクションがリアルにどこまで通用するのかという部分のドキドキ感がたまらなかったです。
そんな素敵な作品に出演させていただけることが決まり、とてもうれしく思っています。

Q2. 演じるキャラクターの印象と、演じるにあたっての意気込みを教えていただけますでしょうか。
延人にはカッとなったら手がつけられなくなったり、他人の痛みがわからない部分があり、逆にひとつでも良いところを見つけてみたいと思ってしまうくらいひどい男だなという印象です。
現実の世界では絶対に関わりたくないなぁ……と思っていたところ、今回演じさせていただくことになり、とても不思議な気持ちでいます。
そんな延人の感情の瞬発力を追い越すくらいの勢いで演じていきたいです!


大久保瑠美(響役)】

イメージを拡大

Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。
タイトルにある「ヒーロー」という文字、原作を読んでみて、私の想像するヒーロー像とは全く異なっていて驚きました。
哲雄はただ大切な家族を守りたいだけ。そのためならなんだってする、そう覚悟を決めたその姿は間違いなくヒーローなのですが、視点を変えれば鬼の様にも見えます。
家族の大切さ、ハラハラドキドキするトリックや駆け引き、そして何より登場人物たちにとっての正義とはなんなのか……とても面白いです。
この作品に関われることをうれしく思います。
アニメ「マイホームヒーロー」を、ぜひともよろしくお願い致します。

Q2. 演じるキャラクターの印象と、演じるにあたっての意気込みを教えていただ
けますでしょうか。
私が演じさせていただく響は、延人の恋人です。
誰からも悪い印象しかない延人を可愛いと言い大切に思っている、恋愛に関してはとても純粋な女性です。とはいえ仕事はキャバ嬢なので、優しく純粋なところだけでなく、可愛らしくも大人の色気を持った一面を見せられるよう演じていきたいと思います。よろしくお願いいたします!


大塚明夫(窪役)】

イメージを拡大

Q1. 本作の印象を教えていただけますでしょうか。
文字通り「死に物狂い」の極限状態の中、登場人物たちの足掻きによって絶え間なく生まれる人間ドラマの世界に心を奪われました。

Q2. 演じるキャラクターの印象と、演じるにあたっての意気込みを教えていただけますでしょうか。
窪という男を一言で表すのなら「狩人」といったところでしょうか。
スーツ姿で淡々と、相手を追い詰めていく姿はまさに現代のハンターそのものです。
ほの暗い緊張感を皆様にも感じていただけるよう、誠心誠意演じさせていただきます。


【亀井隆(監督)】

最初に原作を読んで、正直、「大変だな」と思いました。
ドラマ向きのようにも感じ、どのようなアニメーションになるのか、また、アニメーションでは不得意な表現をどうしたらいいのか、とも思いました。
今は日々実験をしながら制作を進めています。
自分の周りの原作のファンの方々、特に女性ファンやネットの意見は参考にするようにしていますが意見を見聞きすると難問を与えられた、とも思うし、難問に挑戦していくやりがいも感じています。
原作にならうところが多い印象があるのでそこを楽しみながらフィルム制作を進めております。
僕自身どのような作品になるのかを楽しみにしています。
ファンの皆様も楽しみに完成をお待ちください。

作品情報

マイホームヒーロー

マイホームヒーロー 0

「47 年間、一度も刑法を犯さずに生きてきた。だけど、今日から殺人鬼だ。ああ……」人が人を殺してしまうとき、一体どんな気持ちでいたのかを、しがない会社員、47 歳の鳥栖哲雄は、ふつふつと煮えてい...

2023春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。