スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「週刊少年マガジン」で新海誠監督最新作「すずめの戸締まり」を巻頭20ページの大特集

ニュース 2022年11月10日(木)12:00

「週刊少年マガジン」で新海誠監督最新作「すずめの戸締まり」を巻頭20ページの大特集

(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会

イメージを拡大

発売中の「週刊少年マガジン」50号(小学館刊)誌上で、新海誠監督最新作「すずめの戸締まり」の特集が組まれている。巻頭カラー20ページで、同誌で取り扱った映画作品としては、新海監督の前作「天気の子」以来3年ぶりの大規模特集となる。

岩戸鈴芽役の原菜乃華と宗像草太役の松村北斗に、新海監督を交えてのクロストークや、新海監督への単独インタビューを収録。「EDENS ZERO」を連載中の真島ヒロ氏、「アトワイトゲーム」を連載中の新川直司氏による、新海作品とのスペシャルコラボイラスト、アフレコ現場の取材をしたルポ漫画(作・きつねこ氏)、原のグラビアなども掲載されている。表紙は、鈴芽の描き下ろしイラストと、実写の原が並び立つコラボ仕様。

岩戸鈴芽役・原菜乃華、宗像草太役・松村北斗

岩戸鈴芽役・原菜乃華、宗像草太役・松村北斗

イメージを拡大

巻頭グラビアは原菜乃華

巻頭グラビアは原菜乃華

イメージを拡大

すずめの戸締まり」は、日本各地の廃墟を舞台に、災いのもととなる“扉”を閉めていく少女・鈴芽の解放と成長を描く。“扉”を閉じて鍵をかける“閉じ師”の草太と出会った17歳の女子高生・鈴芽は、草太を椅子の姿に変えてしまった謎の猫・ダイジンを追って、九州、四国、関西、そして東京と、日本列島を股にかけた“戸締まりの旅”に身を投じる。11月11日から全国公開。

作品情報

すずめの戸締まり

すずめの戸締まり 6

九州の静かな町で暮らす17歳の少女・鈴芽(すずめ)は、「扉を探してるんだ」という旅の青年に出会う。彼の後を追うすずめが山中の廃墟で見つけたのは、まるで、そこだけが崩壊から取り残されたようにぽつん...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 岩戸鈴芽役・原菜乃華、宗像草太役・松村北斗
  • 巻頭グラビアは原菜乃華

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。