スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「SSSS.GRIDMAN」「SSSS.DYNAZENON」総集編が各2週間限定で劇場上映 「ユニバース」につながる映像も収録

ニュース 2022年12月13日(火)18:00

「SSSS.GRIDMAN」「SSSS.DYNAZENON」総集編が各2週間限定で劇場上映 「ユニバース」につながる映像も収録

(C)円谷プロ
(C)2023 TRIGGER・雨宮哲/「劇場版グリッドマンユニバース」製作委員会

イメージを拡大

2023年3月24日の「グリッドマン ユニバース」公開に先立ち、「SSSS.GRIDMAN」と「SSSS.DYNAZENON」の総集編が、それぞれ2週間限定で劇場上映されることが決定した。

SSSS.GRIDMAN」と「SSSS.DYNAZENON」は、どちらも1993年に放送された円谷プロダクション制作の特撮ヒーロードラマ「電光超人グリッドマン」を原作とし、TRIGGERがアニメーション制作を務めるアニメ作品。18年に放送された「SSSS.GRIDMAN」では、記憶喪失の少年・響裕太(CV:広瀬裕也)がハイパーエージェント・グリッドマン(緑川光)となり、街に現れる怪獣たちと戦いながら世界の秘密に迫った。21年放送の「SSSS.DYNAZENON」では「怪獣使い」を名乗る謎の男・ガウマ(濱野大輝)によって合体ロボット・ダイナゼノンの操縦者に選ばれた麻中蓬(榎木淳弥)たちが、ガウマの宿敵である「怪獣優生思想」と戦った。最新作劇場版「グリッドマンユニバース」は、両作品のクロスオーバー作品となる。

(C)円谷プロ
(C)2023 TRIGGER・雨宮哲/「劇場版グリッドマンユニバース」製作委員会

イメージを拡大

劇場総集編 SSSS.GRIDMAN」の上映は1月20日からスタート。テレビシリーズに助監督として参加した金子祥之が監督を務め、本編を新解釈とも取れるストーリーに再構築する。「劇場総集編 SSSS.DYNAZENON」は3月10日から上映。こちらも、テレビシリーズで助監督を担った宮島善博が監督を務める。また、どちらにも「グリッドマン ユニバース」へとつながるおまけ映像が収録される。

各作品の入場特典は「雨宮哲監督書き下ろしボイスドラマ付きイラストカード」で、数量限定での配布となる。

作品情報

劇場総集編 SSSS.GRIDMAN

劇場総集編 SSSS.GRIDMAN 0

蝉の声が聞こえる中で繰り広げられる日常の風景。そんなツツジ台の静寂は、怪獣の声によって破られた。響裕太は内なる声に呼
ばれ、ハイパーエージェント・グリッドマンと一体化する。グリッドマンとなった裕...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報