スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 高橋恭平×畑芽育「なのに、千輝くんが甘すぎる。」胸キュンシーン連発の本予告&本ポスター披露 主題歌は「なにわ男子」の書き下ろし曲

ニュース 2022年12月24日(土)19:00

高橋恭平×畑芽育「なのに、千輝くんが甘すぎる。」胸キュンシーン連発の本予告&本ポスター披露 主題歌は「なにわ男子」の書き下ろし曲

本ポスタービジュアル

本ポスタービジュアル

(C)2023「なのに、千輝くんが甘すぎる。」製作委員会 (C)亜南くじら/講談社

イメージを拡大

「なにわ男子」の高橋恭平と女優の畑芽育が共演する「なのに、千輝くんが甘すぎる。」の本予告と本ポスタービジュアルが披露された。あわせて、主題歌が「なにわ男子」の書き下ろし曲「Special Kiss」に決定し、映像では「なにわ男子」にとって初の映画主題歌となる同曲を聞くことができる。

原作は、「月刊デザート」(講談社)で連載中の亜南くじら氏による人気コミック。人生初の告白に玉砕した高校2年生の如月真綾。落ち込んでいるところを、陸上部のエースで学校一のイケメン男子・千輝彗に見られてしまう。周囲には塩対応な千輝だが、真綾に「好きな人、無理に探すくらいなら、俺に片想いすれば?」と「片想いごっこ」を提案。条件は、絶対に好きにならないことと、周囲にバレないこと。自分にだけ甘すぎる千輝くんとの秘密の関係に、真綾の気持ちは次第に揺れ動いていく。

「なにわ男子」の高橋が千輝役、真綾役を畑が演じるほか、千輝のライバル役で板垣李光人が出演。さらに莉子、曽田陵介らフレッシュなキャストが顔を揃える。「四月は君の嘘」「ひるなかの流星」など、ラブストーリーに定評のある新城毅彦監督がメガホンをとった。

予告編は、陸上部のエースで学校一のイケメン“千輝くん”が、失恋して落ち込む真綾に「片想いごっこ」を提案する場面でスタート。「失恋の記憶、早く俺で上書きして」という千輝くんのセリフとともに、「片想いごっこ」のルールや、ふたりの甘いシーンが映し出されていく。周囲には塩対応なのに真綾にだけは甘い千輝くんだが、後半では板垣演じる千輝のライバル・手塚が登場し、恋の波乱を予感させる。

映像には「なにわ男子」初の映画主題歌となる「Special Kiss」が使われ、映画の世界観に寄り添った甘いラブソングで、恋と青春が詰まった本作を爽やかに彩る。「Special Kiss」を収録した「なにわ男子」4枚目のシングルは、3月8日に発売予定。詳細は、12月15日午前11時にジャニーズ事務所の公式ホームページにて発表される。

「なのに、千輝くんが甘すぎる。」は、2023年3月3日より全国公開。本予告と本ポスターは、12月16日より全国の上映劇場にて順次展開される予定だ。

映画のことなら映画.com

特集コラム・注目情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組