スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「魔法少女マジカルデストロイヤーズ」アニメイズム枠で4月放送開始 オタクヒーローの声も収めた新PV披露

ニュース 2022年12月27日(火)21:00

「魔法少女マジカルデストロイヤーズ」アニメイズム枠で4月放送開始 オタクヒーローの声も収めた新PV披露

(C)Magical Destroyers Committee

イメージを拡大

オリジナルテレビアニメ「魔法少女マジカルデストロイヤーズ」の放送が、2023年4月からMBS、TBS、BS-TBSの「アニメイズム」枠内で放送されることが決定した。第1弾プロモーションビデオが公開されており、主題歌アーティストも明らかになっている。

同作では、謎の組織「SSC」によってオタク文化が排除された2011年の日本を舞台に、オタク文化を愛する革命者“オタクヒーロー”と彼を慕う3人の魔法少女たちが「アキバ革命軍」を率い、SSC首領・SHOBONと戦う姿を描く。原案は、ストリートカルチャーとアキバカルチャーを融合させたイラストや漫画などを発表するアーティスト・JUN INAGAWAが務める。

PVの一場面

PVの一場面

(C)Magical Destroyers Committee

イメージを拡大

(C)Magical Destroyers Committee

イメージを拡大

第1弾PVでは、オタクヒーロー(CV:古川慎)のキャラクターボイスが初披露。魔法少女であるアナーキー(ファイルーズあい)、ブルー(愛美)、ピンク(黒沢ともよ)のバトルシーンや、オタクヒーローがアキバ革命軍を率いる様子、魔法少女たちが繰り広げるコミカルな場面などが収録されている。

オープニング主題歌は、ブルー役を務める愛美が歌う「MAGICAL DESTROYER」に決定。エンディング主題歌は、コンポーザーとして知られる羽柴吟が立ち上げる、自身初のアーティストプロジェクト「The 13th tailor」による「Gospelion in a classic love」に決まった。CDなどは、どちらも23年春にリリース予定。

なお現在、東京・DIESEL ART GALLERYでは23年2月16日まで、JUN INAGAWAの個展「BORN IN THE MADNESS」が開催されている。1月21日にはJUN INAGAWAとファイルーズあいによるトークイベントを実施し、抽選の当選者50人が無料で招待される。参加応募はTwitterとInstagramで1月9日まで受け付け中。

以下に主題歌アーティストからのコメントを掲載する。

愛美(オープニング主題歌)】

イメージを拡大

主題歌を担当させていただきます、愛美です!
常識を打ち破るような作品にぴったりの、常識を打ち破るような楽曲に仕上がっています!
声優としてブルー役も担当させていただくので、魔法少女パワーを借りてマジカルにレコーディングしました!
アニメサイズとフルサイズではかなり印象が違うので楽曲の解禁を楽しみにしていてください♪
デストロイ!!!!

【The 13th tailor(エンディング主題歌)】

イメージを拡大

ストリートは路上に有り。都会のコンクリートの隙間から草木は生えて息をしようとしてる。この作品、登場人物、そしてEDテーマとなるこの曲もそんな存在かもしれないです。
好きなものを否定されたことは誰しも経験があるかもしれませんが、ぼくもそのひとりでした。それでも、もう一度音楽でその疑問をぶつけてみようと思います。
作品に寄り添って僕もとことん好きなものを作ってみたので楽しみにしてください。

作品情報

魔法少女マジカルデストロイヤーズ

魔法少女マジカルデストロイヤーズ 2

気鋭クリエイター・JUN INAGAWA が送る、愛と狂気と破壊の物語2008 年――謎の勢力の出現により、アニメ、ゲーム、マンガ、音楽、鉄道、コスプレなどあらゆるオタク文化が排除された日本。グ...

2023春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報