スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ひきこまり吸血姫の悶々」23年にTVアニメ化決定 楠木ともり、鈴代紗弓、日笠陽子が出演

ニュース 2023年1月5日(木)20:00

「ひきこまり吸血姫の悶々」23年にTVアニメ化決定 楠木ともり、鈴代紗弓、日笠陽子が出演

ティザービジュアル

ティザービジュアル

(C)小林湖底・SB クリエイティブ/ひきこまり製作委員会

イメージを拡大

小林湖底氏によるファンタジーコメディ小説「ひきこまり吸血姫の悶々」(SBクリエイティブ刊)が、2023年内にテレビアニメ化されることが決定した。楠木ともり鈴代紗弓日笠陽子の出演が明らかになっており、ティザービジュアルとティザープロモーションビデオなどが公開されている。

同作は、長年引きこもり生活を送っていた吸血鬼の「コマリ」ことテラコマリ・ガンデスブラッドが、ある日突然、皇帝直々の命で極めて過酷な役職「七紅天大将軍」に抜てきされ、下剋上を狙う元犯罪者の部下たちが彼女の地位を脅かすなか、実力をひた隠してハッタリと可愛さを武器に生き抜いていく姿を描く。

ムルナイト帝国の名門貴族の令嬢だが、吸血鬼なのに血が飲めないため、魔法が使えない、運動ができない、背が伸びないという三重苦に悩まされるコマリ役を楠木が担当。公私ともにコマリを支えるメイドのヴィルヘイズを鈴代、帝国の皇帝カレン・エルヴェシアスを日笠が演じる。楠木と鈴代は、19年から公開されている原作PVシリーズからの続投となる。

PVの一場面

PVの一場面

(C)小林湖底・SB クリエイティブ/ひきこまり製作委員会

イメージを拡大

(C)小林湖底・SB クリエイティブ/ひきこまり製作委員会

イメージを拡大

アニメ版ティザービジュアルは、豪華な椅子に座り不敵な笑みを浮かべるコマリと、傍らに立つヴィルの姿を描いたイラスト。原作イラストを手がける、りいちゅ氏による描き下ろしティザービジュアルも公開された。ティザーPVには、コマリ、ヴィル、カレンの動く様子が収録されている。

監督には「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」の南川達馬を迎え、シリーズ構成を「五等分の花嫁」の大知慶一郎、キャラクターデザインを「ブルーピリオド」の下谷智之、音楽を「鬼滅の刃」の椎名豪が担当。アニメーション制作は「弱キャラ友崎くん」のproject No.9が務める。

以下にキャスト、スタッフ、原作関係者のコメントを掲載する。

楠木ともり(テラコマリ・ガンデスブラッド役)】

(C)小林湖底・SB クリエイティブ/ひきこまり製作委員会

イメージを拡大

テレビアニメ化決定!おめでとうございます!!
\\コマリン! コマリン! コマリン!//
原作PVから引き続き演じさせていただけるということで、物凄くうれしいです!
改めまして“テラコマリ・ガンデスブラッド”役の楠木ともりです。
あんなコマリ様、こんなコマリ様がアニメーションで見られるなんて感無量! 可愛くかっこよく最強なコマリ様を演じられるように頑張ります。放送を楽しみにお待ちください◎

鈴代紗弓(ヴィルヘイズ役)】

(C)小林湖底・SB クリエイティブ/ひきこまり製作委員会

イメージを拡大

まずは、テレビアニメ化決定おめでとうございます! このたびヴィルヘイズ役を演じさせていただくことになりました、鈴代紗弓です。
以前、PVなどで声を当てさせていただいた時からまた演じさせていただけたらうれしいなと思っていたので、こうしてアニメでも担当させていただけることになり本当にうれしいです!!
今作の世界観に一気に「ひきこもって」いただけますよう精一杯頑張りますので、よろしくお願い致します!! コマリとヴィルの掛け合いもぜひお楽しみに♪

日笠陽子(カレン・エルヴェシアス役)】

(C)小林湖底・SB クリエイティブ/ひきこまり製作委員会

イメージを拡大

皇帝・カレン役を演じさせていただきます、日笠陽子です。
コマリの表で演じる姿と、その後のあわあわとしたモノローグ、そして真の姿。
コマリの可愛さと魅力がつまっているし、コマリを取り巻く個性的なキャラたちも思わず笑いが起きてしまいます。あと、時々本気で引いたりもします(笑)。
役者全員が全力で演じてくれていて見ていてとても気持ち良いです。
皇帝としては全て理解した上で手のひらの上で面白く映画を見ている感覚で、その映画が思いもよらない結末になることを期待しています。
コマリ、君がこの物語の主人公だよ、と。
早く皆さんにもこの物語を見てもらいたいなあ。想像を裏切ってみせよう!

【南川達馬(監督)】
面白い原作の映像化に携われて大変光栄です。
コマリとゆかいな仲間たちの繰り広げる楽しい雰囲気と、随所に訪れるそれとは真逆な非常にバイオレンスで冷徹な世界感。それぞれを楽しめるよう、原作の面白いところを表現して、みなさんと共にジェットコースターのようなエンターテインメントを共有できればいいなと思っております。よろしくお願いいたします。

【大知慶一郎(シリーズ構成)】
コマリの可愛さにキュンキュンしつつも、笑って泣けて、最後は燃える展開で読後感は爽快。
そんな原作の魅力をアニメでも体感してもらえるよう意識して脚本を書かせていただきました。
全国のコマリストのみなさん! コマリンコールの準備はよろしいでしょうか?
「コマリン! コマリン! コマリン! コマリン!」

【下谷智之(キャラクターデザイン)】
勢いで乗り切るコマリの可愛らしさ、仲間たちとの掛け合いを原作のように表現できるよう頑張ります。
皆様にもぜひ楽しんでいただければ幸いです。
ご視聴よろしくお願いいたします。

【椎名豪(音楽)】
アニメ化おめでとうございます。この作品に携われて大変光栄です。
微力ながら曲として影で支えられれば幸いです。
笑いあり、戦いありなど、魅力の多いシーンが次々とあり、ぜひ最後まで楽しんでいただけると幸いです。

【小林湖底(原作)】
テレビアニメ化決定、おめでとうございます!
そして応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。
ついにコマリやヴィルが動くことになりました。
スタッフ&キャストの皆様にも恵まれ、とても良い作品になるのではないかと楽しみにしております。ぜひぜひご期待ください!
今後も「ひきこまり」シリーズをよろしくお願いいたします。

【りいちゅ(キャラクター原案)】

(C)小林湖底・SB クリエイティブ/ひきこまり製作委員会

イメージを拡大

「ひきこまり」テレビアニメ化おめでとうございます!!
これもひとえに応援して下さった皆様あってこそでございます。
いつも本当にありがとうございます!
原作イラストとコミックの両方を担当させていただいている身としましても自分がデザインしたキャラクターたちがしゃべって動いて命が吹き込まれていくというのはとても感慨深く、楽しみで仕方がありません……!
制作に関わって下さっている皆様には改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
より鮮やかなひきこまりの世界を、どうぞお楽しみくださいませ!
私も全力で楽しみます!

作品情報

ひきこまり吸血姫の悶々

ひきこまり吸血姫の悶々 1

ムルナイト帝国の名門貴族ガンデスブラッド家の令嬢、テラコマリ・ガンデスブラッド。吸血鬼なのに血が飲めないコマリは、魔法が使えない、運動ができない、背が伸びないという三重苦に悩まされ、3年間の引き...

2023アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • ティザービジュアル
  • PVの一場面

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報