スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「超電磁マシーン ボルテスⅤ」実写リメイク 大人気のフィリピンで、23年に地上波テレビ放送

ニュース 2023年1月9日(月)12:00

「超電磁マシーン ボルテスⅤ」実写リメイク 大人気のフィリピンで、23年に地上波テレビ放送

5分30秒のメガ・トレーラーも公開

5分30秒のメガ・トレーラーも公開

イメージを拡大

テレビアニメ「超電磁マシーン ボルテスⅤ(ファイブ)」を実写リメイクするテレビシリーズ「VOLTES V LEGACY(原題)」が、2023年にフィリピンで地上波テレビ放送されることがわかった。

1977年~78年に放送されたロボットアニメ「超電磁マシーン ボルテスⅤ」。遠い宇宙からプリンス・ハイネル率いるボアザン星の侵略軍が地球に飛来する。絶体絶命の危機を迎えた主人公・健一をはじめとする剛三兄弟、峰一平、岡めぐみの5人は、密かに建造され、5台のメカが合体して1体のロボットになる「超電磁マシーン ボルテスⅤ」に搭乗し、ボアザン星人と闘う。

描かれるのは、親子の離別、主人公をめぐる衝撃的な展開、異母兄弟との対決、圧政への抵抗と革命、そして解放。「角のある者が貴族階級として君臨し、角のない者たちを支配する」という敵・ボアザン星の設定を通じて、差別問題にも踏み込んでおり、そのドラマ性は海外でも高く評価され、現在でもアニメブーム黎明期の傑作と評価されている。当時、フィリピンでも絶大な人気を誇っており、いまなお堀江美都子によるアニメのオープニング主題歌「ボルテスVの歌」を日本語のまま歌える人も多く、人気の高さが垣間見える。

イメージを拡大

そして45年以上の時を経て、同作はフィリピン最大規模の地上波テレビ局・GMAネットワークが製作する「VOLTES V LEGACY(原題)」となってよみがえる。実写リメイク版では、ドラマ「Encantadia(原題)」のマーク・A・レイエスが監督を務め、フィリピンの若手キャストが集結。1月1日、GMAネットワークのYouTubeチャンネルで公開されたメガ・トレーラー(※日本語字幕なし)は、わずか3日間で130万回再生を突破した。映像では、ボアザン星人を名乗るヒューマノイドエイリアンたちが惑星侵略を開始し、地球を護る特別部隊が立ち向かうさまが切り取られている。

「VOLTES V LEGACY(原題)」は、23年にフィリピンのGMAネットワークで、地上波放送を開始予定。「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」などで知られる東映のテレビプロデューサー、白倉伸一郎のコメント(全文)は、以下の通り。

■白倉伸一郎

「ボルテスV」を長きにわたって愛しつづけ、数々の試練を越えて、この巨大プロジェクトを実現にこぎつけたフィリピンの方々、ありがとうございます。一方、日本では、「ボルテスV」はすっかり忘れ去られてしまった……かというと、そんなことはありません。「ボルテスV」の流れは、後番組「闘将ダイモス」(1978)を経て、「バトルフィーバーJ」(79)から実写シリーズにクラスチェンジしました。今でいうスーパー戦隊シリーズです。

時代は変わっても、その基本構図──圧倒的な侵略者を前に、選ばれし5人の若者たちが、5体合体ロボを駆使して立ち向かう──は変わりません。「ボルテスV」のDNAは、日本を代表する特撮ヒーローシリーズとして脈々と受け継がれ、世界中の子どもたちを魅了しつづけています。とはいえ。世代を経るごとに洗練された反面、何か大切なものが抜けおちていったのかも知れません。そのことを教えてくれたのが「VOLTES V LEGACY」。

デカくて重くてとにかく強く、立ち姿だけでションベンちびる巨大ロボ。「男の子」の魂を持つ者なら、今もだれもが憧れてやまない、灼熱のスーパーロボット魂がここにある!

映画のことなら映画.com

作品情報

超電磁マシーン ボルテスⅤ

超電磁マシーン ボルテスⅤ 0

遠い宇宙からプリンス・ハイネル率いるボアサン星の侵略軍が地球に飛来した。健一をはじめとする剛3兄弟と峰一平、岡めぐみの5人は密かに建造されていたボルテスVに搭乗しボアザン星人と闘う。

1977夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 5分30秒のメガ・トレーラーも公開

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。