スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「うる星やつら」水乃小路飛麿役は梶裕貴 「面堂役の宮野さんとの掛け合い、すごく楽しかったです」

ニュース 2023年1月17日(火)18:00

「うる星やつら」水乃小路飛麿役は梶裕貴 「面堂役の宮野さんとの掛け合い、すごく楽しかったです」

1月19日放送の14話から登場

1月19日放送の14話から登場

(C) 高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会

イメージを拡大

第2クールが放送中のテレビアニメ「うる星やつら」の新キャストとして、梶裕貴が水乃小路飛麿(みずのこうじ・とびまろ)役として出演することが分かった。

同作は、高橋留美子氏による漫画「うる星やつら」を小学館創業100周年を記念して全4クールで再アニメ化。高校生の諸星あたる(CV:神谷浩史)と、宇宙から舞い降りた鬼族のラム(上坂すみれ)を中心にラブコメディが展開される。

(C) 高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会

イメージを拡大

(C) 高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会

イメージを拡大

飛麿は水乃小路スポーツの御曹司で、面堂終太郎(宮野真守)とは「トンちゃん」「終ちゃん」と呼びあう幼少からのライバル。旧テレビアニメ版では井上和彦島田敏が声を担当した。飛麿は14話から登場する。

梶からのコメント全文は以下のとおり。

梶裕貴(水乃小路飛麿役)】
Q1. 梶さんにとって「うる星やつら」とは?

「ラムちゃん」「だっちゃ」「ラムのラブソング」。日本人……いや世界中の人に、もはや遺伝子レベルで組み込まれている名作のひとつなのかなと思っています。“異星人との恋愛モノ”。その王道であり、最強の入門編!

Q2. 飛麿の魅力と、その役を演じるにあたり大切にしたいこと、楽しみなことなど教えてください。

“面堂終太郎=終ちゃん”への異常なまでの執着心を何より強く意識しています。それこそが彼の生きる理由であり、エネルギー源ですからね。
怖いくらいに真っ直ぐに! そして、空回る!(笑)。コメディの基本が詰まったような役だなと感じています。面堂役の宮野さんとの掛け合い、すごく楽しかったです。

作品情報

うる星やつら(第1期)

うる星やつら(第1期) 47

「でもうちは、やっぱりダーリンが、好きだっちゃ」。地球“最凶”の高校生・諸星あたると、宇宙から舞い降りた“鬼っ娘”美少女ラム。2人の出会いからすべてが始まった……! 小学館創業100周年を記念し...

2022秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 1月19日放送の14話から登場

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

  • 今日の番組
  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。