スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「六道の悪女たち」4月にTVアニメ化 佐藤元、上坂すみれら出演 制作はサテライト

ニュース 2023年1月21日(土)19:00

「六道の悪女たち」4月にTVアニメ化 佐藤元、上坂すみれら出演 制作はサテライト

(C)中村勇志(秋田書店)/六道の悪女たち製作委員会

イメージを拡大

中村勇志氏による学園漫画「六道の悪女(おんな)たち」がテレビアニメ化され、4月からTOKYO MX、MBS、BS朝日で放送されることが決定した。佐藤元上坂すみれら7人の出演も明らかとなり、キービジュアルが公開されている。

原作は、2016~21年に「週刊少年チャンピオン」(秋田書店刊)で連載。不良ばかりの亞森高校でいじめられながらも、平和な学園生活を渇望する六道桃助(ろくどう・とうすけ)は、死んだはずの祖父から届いた謎の巻物により「“悪女”にだけ無条件でモテる」という不思議な能力を手に入れる。桃助は、悪女たちがきっかけで起こる喧嘩やトラブルに巻きこまれるなかで、秘めていた情熱と男らしさを開花させていく。単行本は全26巻。

佐藤が桃助役で主演を務め、上坂が桃助に惚れこむ史上最強・最凶のスケバン、向日葵乱奈(ひまわり・らんな)役を担当。見た目は幼女のようだが、ゴリラのような剛力を誇る幼田小百合(おさなだ・さゆり)を大空直美、暴走族を憎み、白バイ警官に扮して暴力による排除を行う姫野莇美(ひめの・あざみ)を夜道雪、六道のクラスメイトで、読者モデルをしているギャルのつばきを松岡美里、真面目で優しい学級委員長の露草水絵(つゆくさ・みずえ)を関根瞳、亞森高校の屈指の不良で、つばきの彼氏である飯沼波瑠也を石谷春貴が演じる。

監督は「ルパン三世」シリーズ(演出)の齊藤啓也が担当。シリーズ構成を「蜘蛛ですが、なにか?」の百瀬祐一郎、キャラクターデザインを「ガラスの花と壊す世界」の瀬川真矢が務める。アニメーション制作は「マクロス」シリーズのサテライトが行う。

作品情報

六道の悪女たち

六道の悪女たち 1

不良ばかりの亞森高校でいじめられながらも、平和な学園生活を渇望する六道桃助(ろくどうとうすけ)。ある日、死んだはずの祖父から謎の巻物が届き、六道は不思議な力を手に入れる。それは「“悪女”にだけ無...

2023春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報