スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > ディズニー実写映画「リトル・マーメイド」6月9日公開決定

ニュース 2023年2月19日(日)21:00

ディズニー実写映画「リトル・マーメイド」6月9日公開決定

色あせない名作を実写映画化

色あせない名作を実写映画化

(C)2023 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

イメージを拡大

ディズニーの名作アニメーションを実写映画化した「リトル・マーメイド」の日本公開日が、6月9日に決定した。

「リトル・マーメイド(1989)」は、「アラジン」「美女と野獣」などディズニーが第二黄金期へと進んでいくきっかけとなった重要な作品。主題歌「アンダー・ザ・シー」は当時のディズニー史上最大のヒットとなり、アカデミー賞歌曲賞を受賞したほか、作曲家のアラン・メンケンもアカデミー賞作曲賞を受賞し、ディズニー・アニメーションの新たな歴史の幕開けとなった。2023年に創立100周年を迎えるウォルト・ディズニー社が、記念すべき節目の年に色あせない名作を実写映画化する。

本作は、海の王国に暮らすマーメイドの王女アリエルが主人公のミュージカル・ファンタジー。アニメーション版では、アリエルは姉妹の中で最も美しい声を持つ末娘として描かれ、アリエルの“声”はキャラクターを表現するのに欠かせない要素の1つだった。実写化するにあたり、ディズニーは大規模なオーディションを実施し、数多くの候補から新人女優ハリー・ベイリーを見つけ出した。

ベイリーは、ビヨンセが自身のアルバムやツアーにも出演させるほどの逸材で、歌手としての実力はお墨付き。初めて実写版アリエルが登場した特別映像では、わずかな歌パートながら圧倒的な歌唱力とカリスマ性を兼ね備えた歌声で、早くも全世界から熱い視線を注がれる存在となった。

音楽はアニメーション版に続いて巨匠アラン・メンケンが担当するほか、新たにブロードウェイで活躍し、「モアナと伝説の海」「ミラベルと魔法だらけの家」で音楽を手掛けた新進気鋭のリン=マニュエル・ミランダが参加。4つの新曲が書き下ろされることが発表されており、ベイリーの歌声とともに実写版の新たな世界を作り出す。

「リトル・マーメイド」は、6月9日より全国劇場にて公開。

映画のことなら映画.com

特集コラム・注目情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。