スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「呪術廻戦」第2期、「懐玉・玉折」キービジュアル公開 高専時代の五条悟と夏油傑、物語のはじまりを描く

ニュース 2023年3月25日(土)12:40

「呪術廻戦」第2期、「懐玉・玉折」キービジュアル公開 高専時代の五条悟と夏油傑、物語のはじまりを描く

「懐玉・玉折」のキャッチコピーは「最強の2人 戻れない青い春」

「懐玉・玉折」のキャッチコピーは「最強の2人 戻れない青い春」

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

イメージを拡大

呪術廻戦」の第2期で描かれるエピソード「懐玉・玉折」のキービジュアルが公開された。同エピソードのストーリーも発表されている。

同ビジュアルは、青空の下で、高専時代の五条悟と夏油傑が笑みを浮かべており、最強の2人による物語の始まりを予感させる。五条と夏油の後ろには、第2期から登場するキャラクター、「星漿体(せいしょうたい)」と呼ばれる過酷な運命を持つ少女・天内理子、天内の世話係の黒井美里、星漿体の暗殺を狙う伏黒甚爾の姿も収録。3人は、物語のカギを握る重要なキャラクターとなる。

第2期のエピソード「懐玉・玉折」は、後に最強の呪術師と最悪の呪詛師と呼ばれる五条と夏油、道を違えた2人の過去が明かされる――。2018年6月、両面宿儺を己の身に宿した虎杖悠仁。17年12月、祈本里香の呪いを解いた乙骨憂太。「懐玉・玉折」はそこから時をさかのぼり、06年の春が舞台となる。高専時代の五条と夏油。呪術師として活躍し、向かうところ敵なしの2人のもとに、不死の術式を持つ呪術界の要・天元から依頼が届く。その内容は、天元との適合者である星漿体・天内理子の護衛と抹消。呪術界存続のための護衛任務に赴くことになった2人だが、そこに伏黒を名乗る「術師殺し」が星漿体の暗殺を狙って介入してくる。

呪術廻戦」の第2期は7月から連続2クールで放送開始。

作品情報

呪術廻戦(第2期)

呪術廻戦(第2期) 63

10月31日、ハロウィンで賑わう渋谷駅周辺に突如“帳”が下ろされ大勢の一般人が閉じ込められる。単独で渋谷平定へと向かう五条だが、これは夏油や真人ら呪詛師・呪霊達による罠だった…。虎杖、伏黒、釘崎...

2023夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 「懐玉・玉折」のキャッチコピーは「最強の2人 戻れない青い春」

フォトギャラリーへ

タグ

特集コラム・注目情報

  • 今日の番組
  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。