スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「BLUE GIANT」ブルーノート東京で特別上映 7.1chサラウンドの特別音響で実施

ニュース 2023年4月21日(金)18:00

「BLUE GIANT」ブルーノート東京で特別上映 7.1chサラウンドの特別音響で実施

(C)2023 映画「BLUE GIANT」製作委員会
(C)2013 石塚真一/小学館

イメージを拡大

ジャズ音楽を題材とした劇場アニメ「BLUE GIANT」が、東京・南青山の名門ジャズクラブ「ブルーノート東京(BLUE NOTE TOKYO)」で上映されることが決定した。

2月17日からロングラン上映中の同作は、石塚真一氏によるシリーズ累計1100万部を突破する人気漫画(小学館刊)のアニメ化。世界一のジャズプレーヤーを目指して仙台から上京してきたサックス奏者の宮本大(CV:山田裕貴)が、同級生のドラマー・玉田俊二(岡山天音)、凄腕ピアニストの沢辺雪祈(間宮祥太朗)とともにバンド「JASS」を結成し、演奏に情熱を注ぐ姿を描く。音楽を世界的ピアニストの上原ひろみが担当し、サックス奏者の馬場智章、ドラマーの石若駿が演奏で参加している。

会場のブルーノート東京はニューヨークに本店がある世界屈指のジャズクラブで、作中で「JASS」が出演を目指す名門クラブ「So Blue」のモデルにもなっている。今回の特別上映は、30年以上の歴史をもつ同店初の映画興行で、「BLUE GIANT」としても初の試みとなるライブハウスでの上映。店内の音響環境を活用し、特別に構築された7.1chサラウンドのスピーカーシステムで実施される。

上映は5月8日の午後3時からと午後7時からの2回行われる。チケット価格は3500円(1ドリンク付き)。4月23日正午から、ブルーノート東京の公式サイトでJam Session会員を対象とした先行販売を受け付け、26日正午から一般販売がスタートする。

作品情報

BLUE GIANT

BLUE GIANT 0

ジャズに心を打たれサックスを始めた宮本大は、高校卒業と同時に仙台から上京し、同世代の仲間と出会い全身全霊をかけ演奏にうちこむ日々を送る。ジャズに魅せられた少年が、世界一のジャズプレーヤーを志す物...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

  • 今日の番組
  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。