スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 下野紘が“オペラ座の怪人”ファントムに 「アンデッドガール・マーダーファルス」出演

ニュース 2023年5月12日(金)18:00

下野紘が“オペラ座の怪人”ファントムに 「アンデッドガール・マーダーファルス」出演

7月放送「アンデッドガール・マーダーファルス」に出演決定

7月放送「アンデッドガール・マーダーファルス」に出演決定

(C)青崎有吾・講談社/鳥籠使い一行

イメージを拡大

青崎有吾氏の伝奇推理小説をテレビアニメ化する「アンデッドガール・マーダーファルス」に、下野紘が出演することがわかった。

下野が演じるのは、通称「オペラ座の怪人」ことファントム。パリの歌劇場の地下深くに隠れ潜んでいる神出鬼没の男で、常に右顔を隠す仮面をつけている。歌姫から宝石を盗んだ怪盗ルパン(CV:宮野真守)を追うも敗北し、逆に“自分自身”を盗まれてしまい、ルパンの“所有物”として彼の作戦に参加することになる。ファントムのキャラクタービジュアルも披露されている。

本作は、首から下のない不老不死の美少女探偵・輪堂鴉夜(りんどう・あや/CV:黒沢ともよ)が、「鬼殺し」の異名を持つ半人半鬼の真打津軽(しんうち・つがる/CV:八代拓)と、メイドの馳井静句(はせい・しずく/CV:小市眞琴)とともに、怪物専門の探偵・鳥籠(とりかご)使いとして数々の事件を解決しながら、奪われた体を求めてヨーロッパをめぐる姿を描く。吸血鬼、人狼、怪盗ルパン、シャーロック・ホームズ、切り裂きジャックなどのキャラクターも登場し、異能力バトルを繰り広げる。7月からフジテレビ「+Ultra」で放送される。

下野のコメントは以下の通り。


下野紘(ファントム役)】

――キャラクターの印象や、ご自身のキャラクターに決まった時の感想をお聞かせください。

僕が演じるファントムは、その容姿を隠すように20年間オペラ座で暮らしているオペラ座の怪人で、元々ルパンとは敵対していましたが、彼に「盗まれ」、そしてその魅力に惹かれ、ともに行動するようになります。
ファントム自体は基本、冷静で落ち着いた性格ですが、お調子者のルパンに呆れたり、たしなめたりと、ツッコミ的な一面も持ち合わせていたりします。

――作品への意気込みなどファンの皆様にメッセージをお願いいたします。
アンデッドガール・マーダーファルス』は、ホームズやルパンといった様々な物語上の探偵や怪人、怪物が登場し、激しい戦いを繰り広げる、ダークミステリーとなっております。残虐なシーンなども出てきますが、ルパンとファントムのやり取りのようなコミカルなシーンも散りばめられていますので、怖がらずに、たくさんの方に楽しんでもらえたら嬉しいです。よろしくお願いします!

作品情報

アンデッドガール・マーダーファルス

アンデッドガール・マーダーファルス 18

怪物専門探偵<鳥籠使い>が、体を取り戻すためヨーロッパを巡る笑劇<ファルス>

2023夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 7月放送「アンデッドガール・マーダーファルス」に出演決定
  • キャラクタービジュアル

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

  • 今日の番組
  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。