スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「16bitセンセーション ANOTHER LAYER」に伊藤健太郎、福島潤、山根綺が出演 PVには往年の名作「Kanon」も登場

ニュース 2023年9月13日(水)21:00

「16bitセンセーション ANOTHER LAYER」に伊藤健太郎、福島潤、山根綺が出演 PVには往年の名作「Kanon」も登場

キービジュアル

キービジュアル

(C)若木民喜/みつみ美里・甘露樹(アクアプラス)/16bitセンセーションAL PROJECT

イメージを拡大

テレビアニメ「16bitセンセーション ANOTHER LAYER」が10月4日から放送されることが決まり、伊藤健太郎福島潤山根綺の出演が明らかになった。あわせて、本PVとキービジュアルが公開された。

同作は、1990年代から多数の名作美少女ゲームを手がける、みつみ美里氏と甘露樹氏(いずれもアクアプラス所属)、「神のみぞ知るセカイ」で知られる漫画家の若木民喜氏によって2016年に頒布された同人誌「16bitセンセーション」のスピンオフ作品。90年代の秋葉原を舞台に、美少女ゲーム制作の現場と、世間のカルチャームーブメントの変遷を描く原作同人誌と世界観を共有し、現代から1992年へとタイムリープしてしまったイラストレーターの秋里コノハ(CV:古賀葵)が奮闘するオリジナルストーリーがつづられる。

原作にも登場する「アルコールソフト」のメンバーである“てんちょー”こと六田勝を伊藤健太郎、“キョンシー”こと五味川清を福島、山田冬夜を山根が演じる。

(C)若木民喜/みつみ美里・甘露樹(アクアプラス)/16bitセンセーションAL PROJECT

イメージを拡大

中川翔子が歌うオープニング主題歌「65535」が流れる本PVは、コノハがタイムリープしてしまう場面からスタート。「アルコールソフト」所属のクリエイターである六田守(阿部敦)や上原メイ子(堀江由衣)、下田かおり(川澄綾子)に加え、六田や五味川、山田もボイス付きで登場し、コノハが99年に発売された大ヒット美少女ゲーム「Kanon」のパッケージを手に、ゲームの中の女の子に対する情熱を語るシーンも収録されている。なお、コノハがタイムリープするきっかけになるのは、92年に発売された名作美少女ゲーム「同級生」であることも明らかになっている。

(C)若木民喜/みつみ美里・甘露樹(アクアプラス)/16bitセンセーションAL PROJECT

イメージを拡大

キャラクターデザインを担当する佐々木政勝によるキービジュアルには、メインキャラクター7人と、フロッピーディスクやレトロなパソコン、美少女ゲームのパッケージなど、ストーリーに深く関わるアイテムが描かれている。

16bitセンセーション ANOTHER LAYER」は、TOKYO MX、とちぎテレビ、群馬テレビ、BS11で10月4日深夜12時30分、中京テレビで4日深夜1時37分、ABCテレビで4日深夜2時14分から放送スタート。最速配信はdアニメストアで10月4日深夜1時から。その他の配信サービスでも10月8日から順次開始。

(C)若木民喜/みつみ美里・甘露樹(アクアプラス)/16bitセンセーションAL PROJECT

イメージを拡大

9月18日午後9時からは、古賀と阿部が出演する特番「16bitTV in 秋葉原 ~進め!電波少女~」が、アニプレックス公式YouTubeチャンネルで配信される。10月1日には、新宿バルト9で先行上映会&トークイベント「~いざ、16bitの時代へ~」が開催。古賀、阿部、堀江、川澄が登壇し、チケット価格は2100円。

(C)若木民喜/みつみ美里・甘露樹(アクアプラス)/16bitセンセーションAL PROJECT

イメージを拡大

作品情報

16bitセンセーション ANOTHER LAYER

16bitセンセーション ANOTHER LAYER 13

秋里コノハは美少女&美少女ゲームが大好きなイラストレーター。超人気絵師になることを夢見て美少女ゲーム制作会社で奮闘しているものの現実はうまくいかず……、ソシャゲ全盛期の現代に会社は傾き、コノハは...

2023秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • キービジュアル

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

  • 今日の番組