スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > モノクロ映像版「ゴジラ-1.0/C」1月12日から上映 山崎貴監督「劇場で更なる恐怖に生きて抗って下さい」

ニュース 2024年1月8日(月)12:00

モノクロ映像版「ゴジラ-1.0/C」1月12日から上映 山崎貴監督「劇場で更なる恐怖に生きて抗って下さい」

ポスタービジュアル

ポスタービジュアル

(C)2023 TOHO CO., LTD.

イメージを拡大

大ヒット公開中の「ゴジラ-1.0」(読み:ゴジラマイナスワン)。国内外からの反響を受けて、このほどモノクロ映像版となる「ゴジラ-1.0/C」(ゴジラマイナスワン/マイナスカラー)の上映が決定。新ポスタービジュアル、新予告映像が披露された。2024年1月12日から全国340館で上映開始。

山崎貴監督が本作で目指した「怖いゴジラ」。その原点である「ゴジラ」(1954年)を彷彿とさせる世界観を体感できる、モノクロ映像版が誕生した。

入場特典

入場特典

(C)2023 TOHO CO., LTD.

イメージを拡大

ポスタービジュアルでは、色のない世界でゴジラが街を破壊し、咆哮をあげるビジュアルになっている。色という情報がない分、ゴジラの精巧な造形が浮かび上がり、よりリアルに、より怖いゴジラと感じることができる。

予告映像では、「臨時ニュースを申し上げます」から始まる、“初代ゴジラ”を彷彿させるような、ゴジラ上陸のアナウンスから始まり、暗闇の中のゴジラと目が合う恐怖、ゴジラによって銀座が破壊される脅威がモノクロ映像で描きだされ、より緊迫感を感じられる映像となっている。

「ゴジラ-1.0/C」の製作について、山崎監督は「ただモノクロにするのではなくそれこそカット単位で、新たな映画を創り上げるくらいの勢いでさまざまなマットを駆使しながら調整してもらいました。目指したのはモノクロ写真の名匠達が撮ったような画調。撮影されたデータに潜んでいた肌の質感や風景のディテールをこれでもかと発掘してもらいました」と語っている。

また、「ゴジラ-1.0」および「ゴジラ-1.0/C」の入場者特典の配布が決定した。日本版&北米版のビジュアルをダブルA面でデザインした「70周年記念オリジナルアートボード」を、2024年1月12日より全国合計30万名限定で配布する。

山崎監督のコメント全文は、以下の通り。


【山崎貴監督】

長い間作業してもらっていた『ゴジラ-1.0/C』を発表できることとなりました。
ただモノクロにするのではなくそれこそカット単位で、新たな映画を創り上げるくらいの勢いでさまざまなマットを駆使しながら調整してもらいました。
目指したのはモノクロ写真の名匠達が撮ったような画調。
撮影されたデータに潜んでいた肌の質感や風景のディテールをこれでもかと発掘してもらいました。

するとそこにはドキュメンタリーの様な凄まじく恐ろしいゴジラが現れました。
色を無くしたことで新たに迫ってくる現実感。
ぜひ劇場で更なる恐怖に生きて抗って下さい。

映画のことなら映画.com

作品情報

ゴジラ S.P<シンギュラポイント>

ゴジラ S.P<シンギュラポイント> 27

2030年、千葉県逃尾市。“何でも屋”な町工場「オオタキファクトリー」の有川ユンは、誰も住んでいないはずの洋館に気配がするということで調査へ。空想生物を研究する大学院生の神野銘は、旧嗣野地区管理...

2021春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • ポスタービジュアル
  • 入場特典

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報