スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?」に千葉翔也、市ノ瀬加那、白石晴香が出演決定

ニュース 2024年1月20日(土)10:00

「なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?」に千葉翔也、市ノ瀬加那、白石晴香が出演決定

(C)2024 細音啓/KADOKAWA/なぜ僕製作委員会

イメージを拡大

テレビアニメ「なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?」に千葉翔也市ノ瀬加那白石晴香の出演が決定した。ティザービジュアルも公開されている。

原作は、細音啓氏による累計発行部数70万部(電子込み)を突破する人気ファンタジー小説(KADOKAWA刊)。人類が悪魔族、蛮神族、精霊族、幻獣族と地上の覇権を争って戰い、勝利した時代を生きていた少年・カイは、ある日歴史が上書きされる瞬間に立ち会ってしまう。変わり果てた世界では英雄・シドの不在により人類が敗退し、竜や悪魔が地上を支配していた。すべての人間から存在を忘れ去られてしまったカイは、種族を超越した「天魔」と呼ばれる少女・リンネと出会い、真の世界を取り戻すべく敵種族に戦いを挑む。

対他種族機関「人類庇護庁」に兵士として勤務する少年で、歴史が上書きされた世界で英雄の剣を継承するカイ役を千葉が担当。上書きされた世界には存在するはずのない墓所で眠っていたリンネを市ノ瀬、カイがいた世界での幼なじみで、上書きされた世界では「霊光の騎士」と呼ばれる人類の希望となっていたジャンヌを白石が演じる。

スタッフは監督に「ぽんのみち」の南川達馬を迎え、シリーズ構成を「ひきこまり吸血姫の悶々」で南川監督とタッグを組んだ杉澤悟、キャラクターデザインを「はめつのおうこく」の加藤裕美が担当する。アニメーション制作は「ひきこまり吸血姫の悶々」のproject No.9が担う。2024年内に放送予定。

ティザービジュアルは、カイとリンネの出会いの場面をカイの視点から表現したイラストで、鎖に縛られ囚われたリンネの姿が描かれている。

キャスト陣からのコメント全文は以下のとおり。

千葉翔也(カイ役)】

イメージを拡大

カイ役を務めさせていただきます。
登場人物の魅力や世界観の作り込みとテンポの爽快さを両立していてすばらしいなという印象です。謎が謎を呼びつつもしっかり要所にカタルシスがあって、続きが気になってしかたないなと感じました。
生真面目な彼を演じる際は、喜怒哀楽が露わになりにくいなかに、あくまで普通のいち人間らしさと一見異常なまでの精神力の強さのバランスを取りながら詰め込むことに努めています。
物語のスケールは壮大で、ファンタジーとリアルな科学感を地続きに感じられる本作の魅力は、アニメーション表現にぴったりとマッチしていると思います。
ぜひ放送をお楽しみにしていてください。

市ノ瀬加那(リンネ役)】

イメージを拡大

王道ファンタジーバトルなのでとてもワクワクする展開が散りばめられています!!
そして私の演じさせていただくリンネちゃんは、さまざまな種族を超越した“天魔”と呼ばれる少女です。可愛らしい見た目だけど、何やら謎も秘めていそうな子です。
主人公のカイと出会って、いろんな表情も見せてくれるようになるので、彼女の魅力を表現できるように精一杯演じさせていただきます!

白石晴香(ジャンヌ役)】

イメージを拡大

大切なものや、あったはずのできごとが存在しないという絶望を主人公カイがどのように乗り越え、塗り替えて行くのか……ハラハラドキドキしながら読み進めました。
ジャンヌはカイの幼なじみでとても優秀な人ですが、カイと過ごしている時は少し幼い印象があります。
パラレルワールドでの彼女は本当にカッコよく、時折見せる本来の姿にグッとくるので、魅力的に演じられるよう頑張ります!

作品情報

なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?

なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか? 2

「なんで誰も、本当の世界を覚えていないんだ......!」地上の覇権を争う五種族の大戦が、人類の勝利に終わった時代。だがその世界は、少年カイの目の前で突如として「上書き」された。パラレルワールド...

2024アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

  • 今日の番組
  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。