スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 宮崎駿が手がけた劇場版「名探偵ホームズ」リマスター版が全国117館で上映 片渕須直らも制作に参加

ニュース 2024年1月24日(水)16:00

宮崎駿が手がけた劇場版「名探偵ホームズ」リマスター版が全国117館で上映 片渕須直らも制作に参加

117館で3月22日から順次2週間限定で上映

117館で3月22日から順次2週間限定で上映

(C)RAI・TMS

イメージを拡大

宮崎駿が手がけた劇場アニメ「名探偵ホームズ」のデジタルリマスター版が、全国のイオンシネマほか117館で3月22日から順次2週間限定で上映されることが決定した。

名探偵ホームズ」は、コナン・ドイルの名作推理小説を翻案したアニメ作品で、霧の都・ロンドンのベーカー街を舞台に、犬の姿をした名探偵・ホームズが助手のワトソンとともに、さまざまな難事件を解決していく姿を描く冒険活劇。テレビシリーズ全26話が1984~85年に放送された。

劇場版は、全26話のうち宮崎が演出を務めたエピソードのセレクションで、各2話分を収録した全2作品が制作された。84年に「風の谷のナウシカ」の同時上映作品として公開された第1作「名探偵ホームズ 青い紅玉の巻/海底の財宝の巻」はテレビシリーズの放送以前だったため、ホームズ役を柴田侊彦が担当するなどテレビ放送時とは異なるバージョンとなっている。86年に「天空の城ラピュタ」と同時上映された第2作「名探偵ホームズ ミセス・ハドソン人質事件の巻/ドーバー海峡の大空中戦!の巻」はテレビシリーズとほぼ同一の内容で、ホームズ役もテレビシリーズの広川太一郎が務めた。宮崎のほか、脚本として後に「この世界の片隅に」を手がける片渕須直、作画監督・キャラクターデザインとして「耳をすませば」の近藤喜文、美術監督として「天空の城ラピュタ」の山本二三らが参加している。

デジタルリマスター版の上映は、劇場アニメ「名探偵ホームズ」の40周年を記念して実施。第1作と第2作を同時上映する。ドラマ・アニメのレビューサービス「Filmarks」主催の名作発掘企画「Filmarks Recommend」の第1弾となる。

チケット価格は大人1600円、高校生以下1000円。オリジナル入場特典の配布も予定されている。

作品情報

名探偵ホームズ 青い紅玉の巻/海底の財宝の巻

名探偵ホームズ 青い紅玉の巻/海底の財宝の巻 1

『青い紅玉の巻』 悪漢モリアーティ教授は、怪鳥メカ・プテラノドンでロンドンを混乱に陥れ、その隙に宝石店から青い紅玉を盗み出した。だが、その宝石を何も知らぬスリのポリィがスってしまったから、さぁ大...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

  • 今日の番組