スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > オリジナル3DCG劇場アニメ「数分間のエールを」初夏公開 花江夏樹がMV制作にうちこむ石川県の高校生役

ニュース 2024年1月24日(水)20:00

オリジナル3DCG劇場アニメ「数分間のエールを」初夏公開 花江夏樹がMV制作にうちこむ石川県の高校生役

ティザービジュアル

ティザービジュアル

(C)「数分間のエールを」製作委員会

イメージを拡大

オリジナル劇場アニメ「数分間のエールを」が今年初夏に公開されることが決定した。花江夏樹伊瀬茉莉也の出演が明らかになり、特報映像とティザービジュアルが公開されている。

(C)「数分間のエールを」製作委員会

イメージを拡大

同作は、MV(ミュージックビデオ)制作に没頭する男子高校生の朝屋彼方と、音楽の道を諦めた女性教師・織重夕の出会いを軸に、ものづくりの楽しさや苦しみを描く3DCG作品。

(C)「数分間のエールを」製作委員会

イメージを拡大

石川県の高校に通う男子高校生で、明るいが目の前のこと以外が見えなくなる一面ももつ彼方役を花江が担当。彼方の高校に赴任してきた英語教員で、断念した音楽の道に対する希望を捨てきれず、ストリートで弾き語りをしていたときに彼方と出会う夕を伊瀬が演じる。夕が歌う楽曲はシンガーソングライターの菅原圭が歌唱し、ボカロPとしても活躍するVIVIが制作する。

(C)「数分間のエールを」製作委員会

イメージを拡大

監督、演出やキャラクターデザインなど、映像制作に関連する工程の大部分を、ロックバンド「ヨルシカ」のMVや「可愛いだけじゃない式守さん」のエンディング映像を手がけた、ぽぷりか、おはじき、まごつきの3人からなる映像制作チーム「Hurray!(フレイ)」が担う。同チームにとっては初の劇場アニメとなる。脚本は「ラブライブ!」の花田十輝が担当。アニメーション制作には「くまクマ熊ベアー」に携わった100studioも参加する。なお、作中には応援企業として名を連ねるマウスコンピューターほかが販売している、実在の機材や楽器などが登場する。

特報映像には、長い時間を費やしてMVを制作する彼方の姿を収録。ティザービジュアルには、MV制作に打ち込む彼方と、力強く歌う夕が描かれている。

キャスト、スタッフからのコメント全文は以下のとおり。

花江夏樹(朝屋彼方役)】

(C)「数分間のエールを」製作委員会

イメージを拡大

今回、朝屋彼方役を演じます花江夏樹です。
オーディションでこの作品の資料を読ませていただき大変感銘を受けました。
何かを作り出すことに対する情熱やその大変さ、期待や不安に一喜一憂する、誰しもが感じる想いを美しい映像と音楽に乗せて繊細に描かれている今作。さまざまな方に見ていただきたいと思います。
きっと背中を押され、未来に向けて走り出せるのではないでしょうか!

伊瀬茉莉也(織重夕役)】

(C)「数分間のエールを」製作委員会

イメージを拡大

オーディション資料を読んだ時、この作品に携わらせていただきたいと強く思いました。
私の周りにいる大切な人たちの顔が次々と浮かび、さらに私を応援してくれているファンの皆さんの顔も浮かんできて、その人たちに届けたい、ぜひ見てほしいと思ったからです。
私の演じた織重夕の晴れることのない曇り空のような空気感は、今まで演じたことのない人物像でした。
彼女の心の叫びが、一歩前へと踏み出す勇気になりますように。公開をどうぞお楽しみに!!

【菅原圭(織重夕歌唱アーティスト)】

イメージを拡大

数分間のエールを」にて織重夕の歌唱を担当させていただきました、菅原圭です。
今回キャラクターとしての歌唱が初の経験で、制作の方々と話し合いながらつくっていきました。
場面場面で、様々な葛藤を抱き揺れ動いている彼女なら「きっとこう歌う!」と、自分の歌から織重夕の歌になっていくことは、今までにない感覚でとても刺激的で、彼女のその時々の気持ちが曲ごとに乗っているので、個人的には歌詞も考察しがいがありました。
この曲や作品が、皆さんの何かを始めようという気持ち、揺れている気持ちを支え包み込む、エールのように作用したらうれしいです。

【ぽぷりか(監督)】

イメージを拡大

会ったこともなかった人に「Hurray!さん映画作りましょう」と言われてもう3年が経ちました。
降って湧いたようなありがたいお話に感謝をし、全てを賭けて作る覚悟を決め、これっきりかもしれないから本当に言いたいことを、と考えた末にテーマに選んだのは「創作活動とそれへの激励」です。
こんな時代に、趣味にしろ仕事にしろ何かを作って生きていくのは本当に大変で、だからこそ初めて作った時の熱や、それに浮かされて生きる毎日はとても尊いものです。
もう辞めてしまった人も、まだ続けている人も。
無責任に「続けた方が良い」なんて言いたいわけじゃないけれど、どうか何かを作った時の経験や喜びが、貴方を明日に運んでくれますように。

「令和6年能登半島地震により、被災された石川県への皆さまへ」
今回被害にあったすべての方にお見舞いを申し上げます。
本作は金沢や羽咋を舞台にした作品で、僕自身も石川の出身です。
失われてしまったものは戻らないものも多いですが、一刻も早く、被災した方が心休まる生活を送れるようになるのを祈っています。

【おはじき(副監督)】

イメージを拡大

とある映画監督に憧れて絵を志し、その人を追って大学を決め、たどり着いた石川県の美大で「Hurray!」の仲間と出会いました。
3人で創作に没頭し8年。
たくさんの応援や巡り合わせがあり、自分で映画を作れるチャンスをいただけました。
永遠に続くものはなく、いつかは僕らも終わってしまうかもしれないから、だから今全力の3人で60分を届けられることを本当に奇跡のように感じています。
あの監督の映画は、僕の人生を大きく変えました。
僕らの作品にそこまでのパワーがあるかは分かりませんが、でもせめて「明日また頑張ってみようかな」と思ってもらえるような作品になれたらと願っています。

【まごつき(アートディレクター)】

イメージを拡大

アートディレクションを担当したまごつきと申します。
この映画をどういう雰囲気の絵にするか決める時「実際のモノづくり」ってどんなものだろう? というところから考えました。
人によるとは思いますが私の中ではモノづくりとは本当に地味で、泥臭いものです。
日々の生活と同じように淡々としていて、でも時には劇的で。
良いことも悪いことも起こる、当たり前ですが現実的で等身大なものです。
この作品は私たちが生きている現実が舞台の、地に足のついたモノづくりのお話です。
遠い世界の選ばれた天才の話ではなく、観てくださる方に自分事としてとらえていただける作品になってほしい。
なので、ビジュアル面でもどこか「この光を知っている」と距離の近さを感じていただけるものになればと思い各シーン制作しました。
映画を観終えた後、地続きの現実が少しだけ柔らかく色鮮やかに見えたら本望です……!

【花田十輝(脚本)】
「Hurray!」のお三方が作ったPVに込められた、純粋で瑞々しい作ることへの情熱。
その思いを濁すことなく、伝えることを心がけて執筆しました。
ここにあるのは、自分の声で、自分の絵で、自分の思いで、誰かの心を動かしたい。折れそうな誰かの心を支えたい。そんな純粋な応援したいという気持ちです。
ぜひ、その思いを受け取っていただければと思います。

【VIVI(歌唱楽曲制作)】

イメージを拡大

漫画を読んだり、映画を観たあとに、ごくまれに「よっしゃ、がんばるぞ」とやる気が湧いてくるエナジードリンクみたいな作品に出会うことがありますが、この作品がまさにそうだと思います。
そんな作品に劇中歌として携われて本気で光栄です。
「ぽぷりか、そして『Hurray!』。あ、ありがとう」と伝えたいです。
ミュージックビデオ作りを軸にしたお話ではありますが、なにかを夢見たり、諦めたり、それでも踏ん張ったりすることは多くの方が共感できる普遍的なテーマなので、誰もがきっとエナドリ気分を味わえるはずです。
ぜひ劇場でご覧ください!

フォトギャラリー

  • ティザービジュアル

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

  • 今日の番組
  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。