スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ウィッシュ」 生田絵梨花、山寺宏一らディズニー声優が歌をつなぐ 「星に願いを」歌唱特別映像

ニュース 2024年1月29日(月)12:00

「ウィッシュ」 生田絵梨花、山寺宏一らディズニー声優が歌をつなぐ 「星に願いを」歌唱特別映像

「ウィッシュ」は公開中

「ウィッシュ」は公開中

(C)2024 Disney. All Rights Reserved.

イメージを拡大

ディズニー100周年記念作品「ウィッシュ」(公開中)から、観客に感謝を込めて「星に願いを」の歌唱特別映像が披露された。アーシャ役・生田絵梨花、バレンティノ役・山寺宏一と、豪華声優陣が歌をつないでいる。

歌唱特別映像は、ヒロインのアーシャを演じる生田が絵本のページに映し出される様子から始まる。満天の星空をバックに生田が歌うのは、名曲「星に願いを」。「ウィッシュ」と同時上映となる短編「ワンス・アポン・ア・スタジオ 100年の思い出」で本楽曲を出演するキャラクターが全員で歌い上げており、SNS上では「ディズニーの要素を散りばめながら“星に願いを”映画にした作品」「ウォルトのシーンからの“星に願いを”は涙腺やばすきた」「歌詞がウィッシュの物語にもかかってくるんだね。」と楽曲に感動したという声が多く寄せられている。

「星に願いを」は「ウィッシュ」の”星に願いをかける”というテーマにも通じており、これまでのディズニー映画の主人公たちがみな星に願ってきたように、今もなおディズニー映画のオープニングで使用されているディズニーファンにとっても特別な楽曲。「輝く星に」という1フレーズを生田が歌い上げると、絵本の隣のページにアーシャの相棒・子ヤギのバレンティノを演じる山寺が登場し、歌をつなでいく。

映像では、「ワンス・アポン・ア・スタジオ 100年の思い出」や、「ウィッシュ」の本編にカメオ出演している歴代のディズニー声優陣が続々と登場。めくられたページの先では、石丸幹二(『ノートルダムの鐘』カジモド役)、鈴木より子(『シンデレラ』シンデレラ役)がバトンを受け継ぎ、歌声とともに絵本の世界にひき込まれる。

その後も平川めぐみ(『美女と野獣』ベル役)、原慎一郎(「アナと雪の女王」シリーズ・クリストフ役)、伊東えり(『ムーラン』ムーラン役)、小此木麻里(『リトル・マーメイド』アリエル役)、森川智之(『ズートピア』ニック役)らが歌声を披露し盛り上げていく。

夜空に花火が打ち上がるディズニー映画のオープニングを彷彿とさせるような演出の後には、中川翔子(『塔の上のラプンツェル』ラプンツェル役)、尾上松也(『モアナと伝説の海』マウイ役)が登場し、最後は声優陣が勢揃いして歌を締めくくる。映像のラストには、「これからもたくさんの願いと共に」というメッセージが映し出され、これまで長きにわたり”願いの力”を描き続けてきたディズニーの想いが込められた内容となっている。

映画のことなら映画.com

特集コラム・注目情報