スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「スライム倒して300年」第2期が25年に放送決定 悠木碧ら第1期キャスト再集結、アニメ制作はテディーに変更

ニュース 2024年3月17日(日)19:00

「スライム倒して300年」第2期が25年に放送決定 悠木碧ら第1期キャスト再集結、アニメ制作はテディーに変更

(C)森田季節・SB クリエイティブ/喫茶魔女の家

イメージを拡大

テレビアニメ「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」の第2期「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました ~そのに~」が、2025年に放送されることがわかった。悠木碧らメインキャストやスタッフ、ティザービジュアルなども公開されている。

原作小説は、森田季節氏によるファンタジーコメディ(SBクリエイティブ刊)。前世で過労死したOLの相沢梓が、不老不死の魔女アズサ(CV:悠木碧)として異世界に転生し、スローライフを求めた結果、300年スライムを倒し続けてレベルMAXになり、世界最強となっていた。その噂を聞きつけて押しかけたドラゴンの娘やスライムの精霊、エルフ、魔族たちを家族として迎え入れたアズサの少しにぎやかなスローライフを描く。テレビアニメ第1期は21年に放送された。

(C)森田季節・SB クリエイティブ/喫茶魔女の家

イメージを拡大

メインキャストは、第1期の顔ぶれが再集結。悠木のほか、ライカ役の本渡楓、ファルファ役の千本木彩花、シャルシャ役の田中美海、ハルカラ役の原田彩楓、ベルゼブブ役の沼倉愛美、フラットルテ役の和氣あず未、ロザリー役の杉山里穂、ペコラ役の田村ゆかりの出演が決定している。

監督には「メタルファイト ベイブレード」の杉島邦久を迎え、シリーズ構成は第1期で一部脚本を手がけた福島直浩、キャラクターデザインは「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」に参加した兒玉ひかる、音楽は第1期から引き続いて井内啓二が担当する。アニメーション制作は第1期のREVOROOTから代わり、テディーが担う。

あわせて披露されたティザービジュアルは、主要キャラクターのアズサ、ライカ、ファルファ、シャルシャ、ハルカラが描かれている。

このほか、3月23日に「AnimeJapan 2024」内の博報堂DYミュージック&ピクチャーズブースでスペシャルステージの開催も決まった。ライカ役の本渡、ファルファ役の千本木、シャルシャ役の田中が登壇し、第1期の振り返りや第2期の情報などを中心としたトークショーが行われる。

作品情報

スライム倒して300年、 知らないうちにレベルMAXになってました~そのに~

スライム倒して300年、 知らないうちにレベルMAXになってました~そのに~ 1

ごく普通のOL・相沢梓は働き過ぎが原因で過労死し、不老不死の魔女アズサとして異世界に転生した。前世での反省から、辺境の高原でのんびりスローライフを始めた彼女。スライムを倒して小銭を稼ぎ、魔女らし...

2025アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報