スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「劇場版ブルーロック」でミニアニメ「あでぃしょなる・たいむ!」新作が週替わり上映 IMAX、4DX、MX4D上映も決定

ニュース 2024年3月30日(土)12:00

「劇場版ブルーロック」でミニアニメ「あでぃしょなる・たいむ!」新作が週替わり上映 IMAX、4DX、MX4D上映も決定

「凪のともだち」

「凪のともだち」

(C)金城宗幸・三宮宏太・ノ村優介・講談社/「劇場版ブルーロック」製作委員会

イメージを拡大

4月19日から全国公開される「劇場版ブルーロック EPIOSODE 凪」で、ミニアニメ「あでぃしょなる・たいむ!」の新作が4週連続週替わりで上映されることが決定した。

「玲王の帝王学」

「玲王の帝王学」

(C)金城宗幸・三宮宏太・ノ村優介・講談社/「劇場版ブルーロック」製作委員会

イメージを拡大

原作「ブルーロック」は、金城宗幸氏(原作)、三宮宏太氏(漫画)、ノ村優介氏(キャラクターデザイン)が「別冊少年マガジン」(講談社刊)で連載中のサッカー漫画。「ブルーロック(青い監獄)」に集められた300人の高校生FW(フォワード)たちがサッカー生命を懸けて世界一のストライカーを目指し、共同生活を送りながらも、時として他者を蹴落としていく姿を描く。原作単行本の累計発行部数は3000万部を突破しており、2022年にテレビアニメ全24話が放送された。

「斬鉄のメガネ」

「斬鉄のメガネ」

(C)金城宗幸・三宮宏太・ノ村優介・講談社/「劇場版ブルーロック」製作委員会

イメージを拡大

「あでぃしょなる・たいむ!」は、テレビアニメの本編終了後に放送されていたミニアニメ。新作は、凪誠士郎(CV:島崎信長)が愛でるサボテン「チョキ」との出会いを描く「凪のともだち」、御影コーポレーションの御曹司である御影玲王(内田雄馬)が帝王学を駆使してチームVのリーダ―にのし上がろうとする「玲王の帝王学」、剣城斬鉄(興津和幸)のトレードマークでもあるメガネに隠された秘密に迫る「斬鉄のメガネ」、内容が明かされていないシークレットエピソードの全4本が、週替わりで上映される。

また、「劇場版ブルーロック EPIOSODE 凪」が、公開初日からIMAX、4DX、MX4Dで上映されることも決定した。

公開直前の4月17日に、新宿ピカデリーで「完成披露“超速”上映会」が開催されることも決まった。島崎と内田、蜂楽廻役の海渡翼が出演する。公開翌日の4月20日には、新宿ピカデリーとTOHOシネマズ新宿で、公開記念舞台挨拶を実施。新宿ピカデリーに島崎と内田、潔世一の浦和希が、TOHOシネマズ新宿に島崎と内田が登壇する。

作品情報

劇場版ブルーロック EPIOSODE 凪

劇場版ブルーロック EPIOSODE 凪 4

「めんどくさい」が口グセの高校2年生・凪 誠士郎は、日々を無気力に生きていた。 W杯優勝を夢見る同級生の御影玲王が、その才能を見つけだすまでは。 玲王に誘われるがままにサッカーを始めた凪は、圧倒...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 「凪のともだち」
  • 「玲王の帝王学」
  • 「斬鉄のメガネ」

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報