スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ずっと真夜中でいいのに。」と「好きでも嫌いなあまのじゃく」のスペシャルコラボPV公開

ニュース 2024年5月4日(土)21:30

「ずっと真夜中でいいのに。」と「好きでも嫌いなあまのじゃく」のスペシャルコラボPV公開

5月4日のライブで主題歌「噓じゃない」が初歌唱された

5月4日のライブで主題歌「噓じゃない」が初歌唱された

(C) コロリド・ツインエンジン

イメージを拡大

長編アニメ映画「好きでも嫌いなあまのじゃく」の主題歌を担当する「ずっと真夜中でいいのに。」が、5月4日に行ったライブ「本格中華喫茶・愛のペガサス ~羅武の香辛龍~」内で初披露した同作とのスペシャルコラボPVが、YouTubeで公開された。

なお、5月4日のライブでは、アンコールで同作の主題歌「噓じゃない」がサプライズで初歌唱された。

(C) コロリド・ツインエンジン

イメージを拡大

同作は、「泣きたい私は猫をかぶる」「雨を告げる漂流団地」に続くスタジオコロリドによるオリジナル作品。夏に季節外れの雪が降った山形県を舞台に、高校1年の少年が、母を探す鬼の少女と旅する姿が描かれる。小野賢章富田美憂が主演し、「泣きたい私は猫をかぶる」の柴山智隆が監督を務める。

(C) コロリド・ツインエンジン

イメージを拡大

PVでは、「隠した思い」「本当の気持ち」がテーマの同作と、「ずっと真夜中でいいのに。」の世界が共鳴した主題歌「噓じゃない」をバックに、小野が演じる柊と富田扮するツムギが旅する場面などを映すエモーショナルなシーンで構成。映像は、ツインエンジンのグループスタジオ「OUTLINE」のメインクリエイターである五十嵐祐貴の監修協力のもと、OUTLINE所属の黄捷が担当して制作された。

好きでも嫌いなあまのじゃく」は、5月24日からNetflixで世界独占配信、および国内で劇場公開される。

作品情報

好きでも嫌いなあまのじゃく

好きでも嫌いなあまのじゃく 1

山形県に住む高校 1 年生の八ッ瀬 柊(やつせ・ひいらぎ)は、「周りと上手に過ごしたい」「人に嫌われたくない」という想いから気づけば頼まれごとを“断れない”性格に。自ら進んで“誰かのために”を一...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 5月4日のライブで主題歌「噓じゃない」が初歌唱された

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

  • 今日の番組