スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「伝説の頭 翔」高橋文哉主演で実写ドラマ化 初の一人二役で“最強と最弱”を演じ分ける

ニュース 2024年6月9日(日)21:00

「伝説の頭 翔」高橋文哉主演で実写ドラマ化 初の一人二役で“最強と最弱”を演じ分ける

初の一人二役、初のヤンキー役!

初の一人二役、初のヤンキー役!

(C)テレビ朝日

イメージを拡大

俳優の高橋文哉が、7月にスタートするテレビ朝日系連続ドラマ「伝説の頭(ヘッド) 翔」(毎週金曜午後11時15分)に主演することがわかった。原作は、「クロサギ」や「正直不動産」など、多くの実写化漫画の原案で知られる夏原武氏の原作デビュー作として、2003~05年に「週刊少年マガジン」(講談社刊)にて連載され人気を博した同名漫画。高橋は髪を金髪に染め上げ、容姿が瓜二つの伝説の不良といじめられっ子の一人二役に挑む。

1000人を超えるヤンキーたちを従える不良チーム「グランドクロス」を束ねる伝説の頭・伊集院翔。かたやクラスでもまったく存在感がなく、スクールカースト最下層の万年パシリ・山田達人。この最強と最弱の二人が偶然に出会い、容姿がソックリだったためにある日、人生を交換することに。

いじめられるだけの人生から、不良たちがこぞって頭を下げるリーダー・翔としての人生を歩むことになった達人は、ニセモノだとバレずに、喧嘩三昧のヤンキーとしてのタフな毎日を過ごすことができるのか。

(C)夏原武・刃森尊/講談社

イメージを拡大

「仮面ライダーゼロワン」(2019年)以来のテレビ朝日連続ドラマ主演となる高橋。近年は「フェルマーの料理」(2023年・TBS系)といった話題のドラマから、「劇場版 からかい上手の高木さん」(5月31日公開)、「ブルーピリオド」(8月9日公開)、「あの人が消えた」(9月20日公開)などの注目映画の公開が控えている。

高橋は、自身の兄が原作の大ファンだったそうで「『実写でやるの!? しかも主演、俺だ!』と、驚きました(笑)。すごく嬉しかったです」と喜び、一人二役に挑む思いも語っている。

「伝説の頭 翔」(毎週金曜午後11時15分)は、テレビ朝日系で7月から放送。登場人物紹介のほか、高橋、原作の夏原武氏、漫画の刃森尊氏、プロデューサーの高崎壮太のコメントは以下の通り。


【登場人物】

■山田達人(やまだ・たつひと)/高橋文哉
高校二年生。いじめが原因で不登校になったものの、息子に興味のない両親は海外に赴任し、ひとり暮らしの毎日を送る。古くさい街角のスケ番ズ(通称:街スケ)というアイドルグループの熱心なオタクで、メンバーの藤谷彩を推している。そのことから、来たる彩の誕生日に“あること”を実践すると決意して…。基本的に正義感というものはなく、いじめられた過去と一年弱の引きこもり生活、そして恋愛経験のなさから、典型的なネット弁慶・弱者男性思考に陥っており、ヤンキーのことは粗暴で下品だと軽蔑。ヤンキーは、自分とは別世界の住人であると思っていたが、翔との出会いを機に、運命が激変することに。

■伊集院翔(いじゅういん・しょう)/高橋文哉
危多漢闘(きたかんとう)最大を誇る、ヤンキーの連合体「グランドクロス」のトップである伝説の頭(ヘッド)。一見、華奢に見える体つきに相反して、喧嘩の腕っぷしが強く、これまで全てのタイマンで勝利してきた。バイク事故による負傷で、ひょんなことから出会った顔が瓜二つの達人に、期間限定で影武者を務めてもらう。物事をシンプルに考える性分で、世の中のありとあらゆるものを「ヤンキー的かそうでないか」「気合が入っているか入っていないか」で判断しがち。トレードマークは、金髪に短ラン。


【コメント】

高橋文哉(山田達人役/伊集院翔役)

オファーをいただいた際は「実写でやるの!? しかも主演、俺だ!」と、驚きました(笑)。すごく嬉しかったです。8つ上に兄がいるのですが、兄が原作の大ファンで漫画を全巻持っていたので、その影響で僕も読んだことがありました。ですので、誰よりも先に、兄に主演が決まったことを報告して、喜びを分かち合いました。原作は少し前の時代となりますが、それを現代に落とし込むとどうなるのか、無限の可能性を秘めていると思います。

テレビ朝日さんの連続ドラマ主演は『仮面ライダーゼロワン』以来となりますが、当時は右も左もわからなくて。そんな中で初主演を務め、本当に0から1を作っていただいた…まさしく俳優・高橋文哉の《ゼロワン》を作っていただいたという恩を感じています。主演としての立ち振る舞いはできないことの方が多かったですが、役者としてたくさんのことを学ばせていただきました。こうして、テレビ朝日さんの連続ドラマに主演として帰ってこられて、少し恩返しできているのかな? という気持ちがあります。気を引き締めて撮影に臨みたいと思っています。

今回、初めて一人二役を演じさせていただきます。この二役をどうやって映像で表現するのか…。「本当に成立するの?」と思いながら台本を読ませていただきました(笑)。これを成立させるためには、僕の気合いと度量も必要ですが、現場にいらっしゃる、たくさんのスタッフさんのお力添えがあってこそだと思っています。僕自身もすごく熱量を持ってこの作品に賭けていますし、キャスト、スタッフの皆さんからも、内に秘めた熱いものを日々感じています。スタッフさんの熱に負けないように、僕もチャレンジしたいです。 達人と翔を演じ分ける際の《スイッチ》のようなものはあまり考えたことはなくて、衣装や髪型に身を委ねてみると、不思議なことに自然と立ち居振る舞いが、達人や翔になっていくんです。髪の毛も金髪にし、短ラン・太いズボンの学生服を着れば、自分が強くなったような気になります!達人と翔の演じ分けはすごく難しい部分もありますが、監督から『“バレたら死ぬ”と思って達人を演じてほしい』と言われて、それがすごく腑に落ちて、演じるのがより楽しみになりました。今は、高橋文哉、山田達人、そして、伊集院翔という3人が、1日の中で行き来している状態ですが、現場ではほとんど高橋文哉はいないです(笑)。

初めての一人二役、ずっとやりたいと願っていたヤンキー役、初のコメディーと、《初めて尽くし》ではあるのですが、だからこそ、皆さんの《初めて》をたくさん奪えると思っています!また、僕のこれまでとは違った一面も見ていただけたらいいなと思っています。 月曜から忙しなく過ごして、ようやく金曜日に溜めてきたものを笑って吹き飛ばせるようなスカッとする部分と、奥深い人間ドラマも楽しめる作品になっています。放送を楽しみにお待ちください、よろしくお願いします!


■夏原武(原作)

『伝説の頭 翔』は、初めての漫画原作です。思い入れの深い作品でもあり、今回ドラマ化されることには、他作品のメディア化とはまるで違う感動と喜びがあります。連載中と令和の今では時代も大きく変りましたが、若さゆえに爆発するエナジーはきっと同じです。素晴らしいスタッフ、キャストが今に相応しい内容にブラッシュアップ。原作を超えるドラマとして楽しんでください。でも、一番楽しみにしているのは、間違いなく私です。


■刃森尊(漫画)

連載終了してから19年、『伝説の頭 翔』がドラマ化されるって聞いてビックリして、電話越しの担当の方に何回も聞き返してしまいました。電話をきった後、しばらくしてビックリが喜びに変わり、小躍りしました。しかも、主演が高橋文哉さんだと聞いて、小躍りは大踊りに。放映されるのが、とっても楽しみです。テレビの前に正座して待機しています。皆さんもご一緒に視聴しましょう。


■高崎壮太(テレビ朝日プロデューサー)

20年前、自分が中学生のときに読んでいた漫画『伝説の頭 翔』。まさか実写ドラマ化させていただける日が来るとは思っていませんでした! 夢がかないました。

ある日突然、「伝説の不良」と人生を取り替えることになった「いじめられっ子」の物語。毎回とんでもない強敵たちに出くわし、信じられない事件に巻き込まれては、どうにかこうにか気合いと根性と友情とで困難を乗り越えていく主人公。どんな理不尽に見舞われても、自ら「面」と向かってぶつかっていく姿。何かと匿名性が高いこんな時代だからこそ、描くことに意味がある血が通ったドラマになると思います。

高橋文哉さんというとにかく真っ直ぐで、真摯で、時代の旗手となる役者が、自ら髪を金色に染め上げ、一人二役に体当たりで挑む姿、圧巻です。刮目してください。きっと毎週金曜夜が来るのが楽しみになると思います。

重ねて、このタイミングでの映像化を快諾してくださった夏原先生、刃森先生、本当にありがとうございます。お預かりした大切な作品、全身全霊でドラマ化していきたいと思います。

映画のことなら映画.com

声優情報

高橋 文哉 0
高橋 文哉
性別
男性
出生地
埼玉県
生年月日
2001年3月12日(23歳)
血液型
B型型
関連作品
ブラッククローバー 魔法帝の剣

声優情報TOP出演作品一覧イベント一覧

フォトギャラリー

  • 初の一人二役、初のヤンキー役!

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報