スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「コードギアス 奪還のロゼ」最終幕のキービジュアルと場面写真など公開 第3幕と最終幕には過去作のキャラも登場

ニュース 2024年7月10日(水)12:00

「コードギアス 奪還のロゼ」最終幕のキービジュアルと場面写真など公開 第3幕と最終幕には過去作のキャラも登場

キービジュアル

キービジュアル

(C)SUNRISE/PROJECT G-ROZE Character Design
(C)2006-2024 CLAMP・ST

イメージを拡大

8月2日から劇場上映される「コードギアス 奪還のロゼ」最終幕のキービジュアルと場面カットが公開された。また、7月5日から上映中の第3幕に登場したキャラクター、メカニックの設定も公開されている。

場面カットが多数公開

場面カットが多数公開

(C)SUNRISE/PROJECT G-ROZE Character Design
(C)2006-2024 CLAMP・ST

イメージを拡大

同作は「コードギアス 反逆のルルーシュ」や「コードギアス 亡国のアキト」などと世界観を共有する「コードギアス」シリーズのアニメ最新作。「ナナシの傭兵」として活動するロゼ(CV:天﨑滉平)とアッシュ(古川慎)が、ホッカイドウブロックを武力制圧したネオ・ブリタニアの圧政に立ち向かっていく姿を描く。5月10日から始まった上映版では、全12話を3話ずつ全4幕として公開。ディズニープラスでは毎週1話ずつ配信が行われている。

ローエングリン RPCX-05K/S-LC Lohengrin

ローエングリン RPCX-05K/S-LC Lohengrin

(C)SUNRISE/PROJECT G-ROZE Character Design
(C)2006-2024 CLAMP・ST

イメージを拡大

キャラクターとメカニックの設定は、アバシリでの戦いの後にクリストフの改造を受けて復活し、ギアスの力を無効にする「ギアスキャンセラー」を獲得したアーノルド・レンク(斉藤壮馬)と、彼の乗機であるローエングリン、ホッカイドウブロックの元領主でサクヤの父でもある皇重護(小山力也)のものが公開されている。

アーノルド・レンク(CV:斉藤壮馬)

アーノルド・レンク(CV:斉藤壮馬

(C)SUNRISE/PROJECT G-ROZE Character Design
(C)2006-2024 CLAMP・ST

イメージを拡大

皇重護(CV:小山力也)

皇重護(CV:小山力也

(C)SUNRISE/PROJECT G-ROZE Character Design
(C)2006-2024 CLAMP・ST

イメージを拡大

7月5日には、第3幕の上映を記念した舞台挨拶が東京・新宿バルト9で開催された。天﨑、古川、大橋誉志光監督、谷口廣次朗プロデューサーが登壇。谷口プロデューサーの口から、第3幕にはシリーズ過去作のキャラクターが登場しているが、最終幕にもシリーズおなじみのキャラクターの出番があることが明かされた。

(C)SUNRISE/PROJECT G-ROZE Character Design
(C)2006-2024 CLAMP・ST

イメージを拡大

また、大橋監督いわく「最終幕はずっとノーランドのターンになります」とのこと。最終幕の上映を迎えるにあたり、古川は「まずはこの第3幕を堪能していただいて、これまで蒔かれてきた種について考えたり、それを踏まえてこれから起こることは何なんだろうと考えてもらえたら、より最終幕に対する期待が上がるんじゃないかなと思います。最終幕は……泣いたぞ」とコメント。天﨑は「『奪還のロゼ』を観終わった後、みなさんいろんな感情にはなると思うんですけど、最終幕まで観てよかったと確実に思っていただけるはずなので、第1幕、第2幕、そして第3幕を何度も観返して、いろんな種を見つけた状態で、また来月お会いいたしましょう!」と呼びかけた。

作品情報

コードギアス 奪還のロゼ(配信版)

コードギアス 奪還のロゼ(配信版) 1

光和7年、ネオ・ブリタニア帝国に占領された合衆国日本・旧ホッカイドウブロックに、「ナナシの傭兵」として知られる傭兵兄弟がいた。非常に優れた運動能力とナイトメアフレームの高い操縦技術を持つ兄のアッ...

2024春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • キービジュアル
  • 場面カットが多数公開
  • ローエングリン RPCX-05K/S-LC Lohengrin
  • アーノルド・レンク(CV:斉藤壮馬)
  • 皇重護(CV:小山力也)

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

イベント情報・チケット情報